家を売るときの相場1
こんにちは、管理人のサトウです。

このページでは、家やマンションなどの住宅を売る場合の相場の調べ方についてまとめてあります。

家や土地などの不動産には定価がありません。そのため、その物件が高いのか安いのかは相場で判断することになります。家やマンションを売る場合には、まず相場を調べることから始めていきましょう。

家やマンション売却時の相場の調べ方

家を売るときの相場2

戸建やマンションなどの住宅を売ろうと思った際、自分が住んでいる家は『いくらで売れるのだろう?』と気になります。

家や土地の不動産は、一軒一軒作りや状態、周辺環境などの条件が異なるため、定まった売却価格というものはありません。そのため家を売る場合には、売却価格を設定するための目安にするため、物件の「相場」を調べる必要があります。

相場を知らず、売却価格を高く設定してしまった場合は、なかなか売れなかったり、反対に安くしてしまった場合には損をしてしまったりと、好条件で売れないなんてことにもなりかねません。

そのため、売却活動を成功するための第一歩として、まずは相場を調べて、売却価格のイメージを持っておくことが一番大切です。

家や土地などの相場を調べる方法はいくつかあります。そのうちの一つとして、近所の本屋やコンビニエンスストアなどで販売されている「住宅情報誌」で、近隣の不動産がどのくらいで販売されているのか確認することができます。

また、現状ではインターネットにて、比較的簡単に相場の情報を得ることができますので、インターネットでの活用がおすすめです。

インターネットで相場を調べる方法についていくつか紹介します。

≪相場を調べる方法≫

  1. 土地総合情報システム
  2. REINS Market Information
  3. 物件情報検索サイト
  4. 一括査定サイト

以下に、それぞれの方法についての詳細を説明していきます。

土地総合情報システム(国土交通省)

家を売るときの相場3

土地総合情報システム」は、国土交通省が提供している実際の取引価格情報を提供するシステムです。

このシステムでは、不動産購入者のアンケート結果に基づいた取引価格情報、そして都道府県の地価調査情報を公表しています。

≪提供している情報一例≫

  • 地価公示
  • 不動産価格指数
  • 都道府県地価調査
  • 主な公的土地評価一覧
  • etc