不動産の買取保証がお得か計算している画像

不動産の売却方法の一つに「買取保証付き売却」があります。

不動産の売却をする時、問題となるのは本当に売れるのか?いつ売れるのか?が定かでないことです。

売りに出したものの、なかなか売れる気配がないということになると不安で仕方がないでしょう。

この不安を解消するために便利な手段が「買取保証つき売却」です。

買取保証つき売却とは?

不動産を売却する時、一般的には「仲介」という方法を選ぶことが多いです。

この場合、不動産会社が売却活動をし、買い手探しから売却価格交渉まで行います。

売却契約の締結までには、平均的には数ヶ月かかるといわれていますが、いつ売れるか?またいくらで売れるか?がその時までわからないという不安定さがあります。

もう一つの売却方法は「買取」です。

買取とは不動産会社が直接買取ることで、即現金化できることが一番の魅力です。

ただし、買取価格は仲介の相場より2~3割低い金額になるというデメリットがあります。

「買取保証付き売却」は、仲介と買取のいいとこどりです。

予め決めた期間限定で仲介による売却を行い、期間内に売れなければ、不動産会社が買い取るというもの。

契約時に、予め最終的な買取価格を決めておきます。

限定された期間とはいえ、売却活動をする期間があるため高く売れる可能性もあり、期日までに売れなければ不動産会社が買い取ってくれるという安心感があります。

買取保証付き売却のメリット

1.スケジュール管理が楽

買取保証つき売却では、期日までに売れなければ買取となって現金が手に入るため、資金ぐりのスケジュール管理がしやすいです。

買い替えの場合に新しい物件の購入スケジュールに合わせることもできます。

2.指定期間内に売れれば、相場と同レベルの金額で売れる

通常の買取では、相場よりも低い金額で売ることになりますが、買取保証付き売却にすることで、少しでも高く売るチャンスを得ることができます。

限定期間とはいえ仲介として売却活動をするため、その間に売却できれば相場に近い価格で売ることができます。

3.確実に売れるという安心感がある

仲介での売却では、「いつまでたっても売れない」ということは無きにしも非ずです。

売却開始からあまり時間がたってしまうと、売れ残り物件となってより売れにくくなり、値下げをせざるを得ないという状況になります。

いつ売れるかわからないという不安がぬぐえない仲介に比べ、買取保証付き売却は、一定の期限が来れば100%買い取ってもらえるという安心感があります。

4.最終的に買取となった時の金額があらかじめわかる

仲介での売却では、売り出した金額でそのまま売れるとは限らず、必ずと言っていいほど価格交渉、値下げ交渉がありますので、最終的にいくらで売れるかはその時までわからないものです。

一方、買取保証付き売却では、最終的に買取となった場合の買取価格をあらかじめ決めておきます。

資金計画が立てやすいことに加え、万が一相場が下落したり売れ残ったりした時のリスク回避対策ともなっています。

5.仲介手数料なし

不動産を仲介で売却すると、不動産会社に支払う仲介手数料が発生します。仲介の場合、不動産会社はあくまでも仲介役であり、その手数料をもらうことで儲けを出しているのです。

これが買取となると、不動産会社は一旦物件を買取り、それを高く売ることで利益を出します。そのため、買取となった時には売り手に仲介手数料を請求することはありません。

6.瑕疵担保責任がなくなる

不動産を売却すると、売り手には「瑕疵担保責任」が科せられます。

仲介で売却した場合、売却後に物件に何かの問題が発覚したとき売り手が責任をとるというものです。内覧の時にはわからなかった雨漏りなどが一例です。

瑕疵担保責任は、通常10年となっており、10年間は補償の責任がついて回ります。

しかし、これが買取となると、売り手に対する瑕疵担保責任はなくなります。

買取では不動産会社が一旦その物件の所有者となり、不動産会社からエンドユーザーである一般の人へ改めて売却するとことになります。

ということは、売主は不動産会社であり、瑕疵担保責任も不動産会社が負います。

買取保証つき売却のデメリット

1.買取になった場合には売却価格は低い

買取の最大のデメリットはその価格ですが、買取保証付き売却でも結果的に買取となれば、同じ様に低い金額での取引となります。

一般的には、相場の7割から8割が買取価格といわれています。

2.仲介期間中の売却活動に影響?

不動産会社の中には、いずれ決まった金額で買い取ることが決まっている物件のため、期間中の販売活動を怠る会社があるといわれています。

これはまれなケースかもしれませんが、このような事態に巻き込まれないよう、どのような売却活動を行っているか、随時確認していくことが必要となります。

また、信頼できる不動産会社に依頼することの重要性も承知しておきましょう。

信頼できる不動産会社に依頼するために、まずは一括査定で複数の会社に査定を依頼し、査定額とともに各社の対応の善し悪しを見比べてみるという方法があります。

一括査定サービスはこちら

買取保証つき売却はこんな時に

買取保証つき売却にはメリットとデメリットがあります。

「お得かお得でないか」ということは一概には言えませんが、状況に応じて上手に利用すれば、納得のいく売却ができるでしょう。

買い替え・住替えの場合には、現在の不動産の売却をまず行わなければなりません。

これが進まないことには、新しい不動産の購入はままならず、引っ越しもできないという動きが取れない状態になってしまいます。

このような時こそ買取保証をつけておけば、決まった時期に決められた額のお金が手に入るので便利です。

また、郊外の物件、駅が遠くて利便性が悪い物件、相場の下落が続いてる物件など、今後売れなくなる可能性がある、買い手が付きそうもないなどという時には、現時点で価格を決めておける買取保証つき売却はおすすめです。

査定額のアップに努めよう

どんな売却方法でも同じですが、買取保証つき売却でも査定額は大切です。

より高く売りたい、さらに買取になってしまった時でもより高い金額で買い取ってもらうためには、査定額を上げることが必須です。

一社だけの査定額を見てもそれが高いのか低いのか、適正価格なのかわかりませんので、必ず複数の会社から査定をとり、比較することをおすすめします。

同時に、各社の担当者の対応も見ながら、信頼でき、より高く買ってくれる不動産会社を見つけましょう。

まとめ

買取保証つき売却は、仲介と買取のいいとこどりの売却方法です。

決められた期限内にどうしても売却したい、でもできるだけ高く売りたいという人にはおすすめです。

限定期間内には仲介として売却活動を行いますので、その間に売れれば相場に近い金額で売ることができます。

もしその期間内に売れなければ、予め決められた買取価格で不動産会社が買い取ってくれます。

買取価格は相場より2~3割低い価格となりますが、いつ売れるかわからない、いくらで売れるかわからないという仲介による売却を待つことと比べると、確実に売れることがわかっているので、安心感があります。

売れ行きの良い地域の物件など今後必ず売れる、値が上がるという場合は、仲介で売却活動を続け良い値で買ってくれる人を探すとよいのですが、地価が下がっていたり、利便性の悪いエリアで買い手が付きそうもないなどという時には、買取付きにしておくと安心です。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guide(リガイド)の公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【任意売却の基礎知識】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事