不動産の売却査定をしている人

家や土地、マンションなど、不動産を手放そうと考えた時、まず行いたいことは査定です。

「査定額=売却額」となるわけではないのですが、査定額が売却額の基準となるため、少しでも高い査定額を提示してもらいたいと思う人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな不動産売却査定で損をしないポイントについて、お伝えします。

まずは物件の相場を知る

不動産を売却したいとき、まず気になることは「いくらで売れるのか?」ということです。

売却を検討する時、自分が購入したときの金額やそれぞれの事情を鑑み、誰もが「このくらいの金額で売りたい」という希望をもつことでしょう。

しかし、希望の金額を安易に売り出し価格として提示してよいものでしょうか。

不動産を売り出すときには、各物件の条件や状態にあった適正価格で売り出さなければなりません。

誰もが少しでも高く売りたいと思いますが、高く設定したからと言って、その価格で売れるというものではないのです。

不動産価格には相場があり、各地域の平均的な相場や、現時点での上昇・下降状況などを考慮しながら、売りたい不動産に対する適正価格を定める必要があります。

相場から極端にかけ離れた金額を設定しても、なかなか売れずに後々値を下げざるを得ないということになりがちです。

不動産の相場を知るには?

不動産の相場は、複数の不動産会社から査定をとることで知ることができます。

査定には、机上査定と訪問査定があり、通常の流れとしてまずは机上査定を依頼します。

これは、物件の立地、広さ、間取り、方角、築年数などの情報をもとに算定する方法で簡易査定とも呼ばれます。

実際に担当者が現地に出向いて調査するわけではないので、簡単に素早く結果をもらうことができます。

この机上査定を複数の不動産会社に依頼し、その提示価格を比較することで、大体の相場を知ることができるでしょう。

査定額は、その不動産会社が「この金額で売れる」と考えている金額です。もし、依頼した不動産会社のうちの数社が、ほぼ似通った査定額を提示してきた場合には、それが相場だといえます。

机上査定の後には、担当者が実際に現場に出向いて詳しく調査をする訪問査定を行います。

訪問査定は各物件の状態を逐一調べるため、例えば、手入れ、日当たりなどの善し悪し、周辺環境など、様々な条件が査定額に響いてくると考えられます。

相場を知るために便利な査定サービス

相場も知らずに夢のような売却額を想定していると、訪問査定で希望金額よりグッと低い額を提示されると、がっかりするということになります。

そこで、まずは簡単な机上査定で、ある程度の相場を知り、準備をしておくとよいのです。

最近では、インターネットを通して複数の会社にまとめて査定を依頼できる一括査定サービスというものがありますので、まずはこのサービスを利用するといいでしょう。

なお、一括査定は下記のサービスが便利です。

一括査定サービスはこちら

複数の不動産会社を比較し、信頼できる会社を見分ける

上記で、複数の不動産会社に査定依頼をすることをおすすめしましたが、それにはもう一つの理由があります。

複数の不動産会社に査定を依頼することにより、信頼できる会社を見分けることができます。

不動産価格には相場があり、同じ様な条件の物件であれば、査定額が極端に高い・低いということはあまりありません。

そのため、もしも一社だけとびぬけて高い査定額を提示してきたら、注意する必要があります。契約をとりたいがために、敢えて高い金額を提示しているという可能性があるからです。

高い査定額を提示することは簡単ですが、相場に合わない金額で売り出しても、なかなか売れることはありません。結果売れ残り物件となったり、後々値を下げなければならないということになってしまいます。

「査定額=売却額とはならない」という事を覚えておきましょう。

良い会社の見極め方

不動産の売却が成功するか否かは、依頼した不動産会社や担当者の力量次第というところがあります。

査定額が高いから良い、低いから悪いのではなく、適正価格であること、相場と大きな違いがないことが重要なのです。

「なぜこの査定額になるのか?」

これについて、きっちりと根拠を示して説明できる会社であれば、信頼して依頼できるでしょう。

この机上査定の段階で、よい不動産会社や担当者を見つけることができれば、不動産売却の成功に一歩近づいたことになります。

机上査定で査定額が気になったり、説明や対応が良い会社を選び、改めて訪問査定の依頼をするという流れになります。

担当者が実際に物件を調査する時には・・

机上査定で相場を知り、信頼できそうな会社を見つけたら、訪問査定の依頼をすることはお話ししました。

机上査定では、その物件の立地や築年数、間取りなどから大まかな査定額を算定しています。

しかし、訪問査定になると、担当者が実際に現地に出向き、物件の内部、外部、周辺環境など、逐一調査し詳細で確実な金額をはじき出すのです。

同じ物件でも、手入れが悪ければそれだけ査定額は下がりますし、逆にリフォーム済みであれば査定額は上がるなど、個別な要素が大きく影響する可能性があります。

マンションであれば共有スペースなど、家や土地であれば周辺環境、治安など、担当者が見て、歩いて、確認することができるため、机上査定ではわからなかったプラス面、マイナス面も加算されていきます。

これらは建物の築年数やら周辺環境など、自分ではどうすることもできないことが多いといえば多いのですが、実はちょとした努力で査定額を上げる秘訣があります。

誰でも、整理整頓されて清掃が行き届いた場所には惹きつけられるものですよね。

逆に、どんなに近代的なマンションでも、広い庭のある大きな家でも、不衛生な状態では、購入意欲も半減してしまいます。

「ここはどんな人が所有していたのか?」ということは、意外にも買い手にとっての大きなポイントなのです。

買う人が「ここに住みたい」と惹きつけられるような空間づくりに努めることは、査定額を上げるために必要です。

もちろん、訪問査定にきてくれる担当者は実際の買い手ではありませんが、買い手の立場となって査定しているわけです。

家の中であれば、清掃、整理整頓は基本中の基本。

その他にも、水回りのにおい対策、明るく見せるためにカーテンを開ける、換気をする、いらない靴はしまって玄関を広く見せるなど、ほんの少しの気配りが、家の印象を変えます。

家の外周りや土地の場合は、草取り、ごみやいらない荷物の処分などをすることが、購入意欲を高めることにつながるはずです。

清掃が良くできているかどうかは、ある意味そこに住む人の人柄も表すもの。不動産会社は後々のなんらかのトラブルが起きることを一番嫌っており、売り手の態度や人柄もよく見ているといわれています。

そういった意味でも、売却を考え始めたら意識して、清掃、片付け、クリーニングを行うことをおすすめします。

少しでも高く売るために、査定額を上げるための努力を惜しまないようにしましょう。

まとめ

査定には、机上査定と訪問査定があり、机上査定はインターネットなどを通して簡単に行えます。

しかし実際には、より詳細な訪問査定により個々の物件に見合った査定額が提示され、これが売却価格につながる現実的な金額となるのです。

満足できる売却のための満足できる査定には、3つの条件があります。

  • 相場を知る
  • 信頼できる不動産会社を見つける
  • 清掃、片付け、クリーニングを徹底する

この3つを意識して不動産査定に挑みましょう。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guideの公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】

関連記事