家の相場計算

自分の自宅はいくらで売れるのか?家の売却を考えたとき、一番気になることですよね。できることなら少しでも高く売りたいもの。

家や土地を高く売るために、相場の調べ方から、不動産会社の選び方まで、詳しくご紹介します。

高く売りたければ人任せにできない

家や土地の売却は、不動産会社に依頼して行います。

査定から始まり、売却活動、契約、引き渡しが大まかな流れです。

自分に何もこだわりがなければ、これらの手続きを全て不動産会社にお任せしても売却は可能です。

しかし、「少しでも高く売りたい」という気持ちがあるのなら、自分自身も売却に関して多少なりとも知識を身につけ、担当者と二人三脚で手続きを進めていくことが大切です。

まずは相場を調べよう!自分の家はどのくらいで売れる?

家や土地の売却を行うためには、まず平均的な市場価格や相場を知る必要があります。

「不動産会社が提示する査定額が、果たして適正価格かどうか?」

査定を依頼したときに、これを知ることはとても大切だからです。

相場を知っていると、不動産会社が査定額を提示したときや、最終的に売り出し価格を決めるときに役立ちます。

逆に相場を知らないでいると、何も気づかずに相場より低い査定額で契約してしまったり、相場からかけ離れた売り出し価格を設定しなかなか売れないなど、損をしてしまうことがあります。

売却手続きの手順としては、査定が第一番目の作業となりますが、知識のない状態で不動産会社から査定額などについての説明を聞くと、全てが正しく感じ鵜呑みにするしかありません。

しかし、ある程度の知識を持っていれば、少し突っ込んで質問してみたり、細かいことを確認することができるでしょう。

査定を依頼する前に、少しでも相場について調べてみることをおすすめします。

相場を調べる方法

相場を調べる方法はいくつかありますが、国土交通省の「土地総合情報システム」では、比較的簡単に正確な情報を得ることができます。

このウェブサイトは、全国で実際に行われた不動産売買に関して、アンケートをとりデータ化したものです。自分の不動産に近い条件の物件について検索し、その取引額を知ることで、自分の不動産のおおまかな取引金額を推測するというものです。

土地、土地と建物、中古マンション等、農地、林地というカテゴリーから調べることができます。

その他、インターネットを通して、不動産会社のHPやチラシなどに掲載されている売り出し物件の価格を見ても、ある程度の相場が見えてくるでしょう。

ただし、通常売り出し価格は「この金額で売りたい」という希望的価格であるため、高めに設定されている場合が多いです。実際に取引された売却価格とは多少違いがあることを承知しておきましょう。

また、土地の価格であれば路線価から算出する方法もあります。

「路線価」とは、「土地に隣接する道路につけられた値段」のことで、相続税や贈与税の計算のために、国税庁が毎年7月に発表するものです。この路線価と土地の面積からその土地の大体の価格がわかります。

ただし、これは相続税計算のためであり、市場で取引される実勢価格とは多少ずれがあります。実勢価格は、以下の計算式からおおまかな金額が算出できます。

路線価×土地の面積×1.25=土地の評価額

路線価は、国税庁のウェブサイトで調べることができます。

一括査定を依頼しよう

自分である程度の相場を調べたら、インターネットの一括査定を依頼してみましょう。

複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるシステムで、素早く依頼し素早く回答を得ることができる便利なシステムです。

複数の会社から回答を受けたら、それぞれの会社の価格を比較します。数社が同じような価格帯で査定額を提示していれば、その価格帯が相場と考えることができます。

もし、自分が調べた相場と極端に違っていたり疑問を感じることがあれば、自分の調べた情報を元に、しっかりと質問します。

ここで、データの提示とともに明確な説明のある会社を、信頼できる会社として次のステップへの候補とすることができます。

逆に、説明が曖昧でごまかすような会社、一社だけとびぬけて高い査定額を提示している場合は特に注意が必要です。

一括査定サービスはこちら

優良な不動産会社を選ぶ

上記でも触れたように、家や土地を少しでも高く売るためには信頼できて優良な不動産会社を選ぶ必要があります。

不動産売却はとても複雑で、専門知識と経験がものをいう分野です。ある意味、依頼した不動産会社と担当者の腕にかかっているといっても過言ではありません。

そのため、いくつかの不動産会社を査定額の大小だけでなく、担当者の能力や対応についてもよく比較し、信頼できる会社を探すことも、一括査定の目的です。

また、長い道のりとなる売却手続きにおいては、自分とフィーリングの合う担当者であることも理想です。

疑問に感じたことは質問したいですし、何でも話せる相手でなければ、モヤモヤが残ってしまいがちです。また、物件に興味をもった買い手が見つかった時に、売り手に代わって物件の良さをアピールしてくれるのも担当者です。

物件についての情報はもちろん、こちらの状況や考えを汲み取ってくれるような、信頼関係を築くことができる担当者を見つけたいものです。

訪問査定や内覧でアピール

売却価格の相場は平均的なものですが、個々の物件の状態によってはその価値が相場より上がったり下がったりします。

日当たり、周辺環境、近隣トラブル、室内の状況、建物の手入れ状態など、実際にその物件を調査してみて初めて分かることもたくさんあります。

一括査定は、こちらから提供したデータだけをもとに算定する簡易査定です。

この後、実際に担当者が現地に出向いて、室内、室外、境界、日当たり、周辺情報など逐一調べて査定額に反映する訪問査定があります。訪問査定の金額は売り出し価格に直接的に影響するより現実的な価格となります。

日当たりや周辺環境などは自分ではどうすることもできませんが、担当者の印象をよくし査定額を上げるために、自分でできることは徹底的にやりましょう。そうすることで、少しでも高く売ることにつながります。

査定額を上げるために自分でできることは、ずばり、徹底した清掃です。

モデルハウスなどに見学にいくと、購入意欲がアップするものですが、それは生活感のないインテリアと隅々まで行き届いた清掃のおかげです。

誰でも最新式のキッチンやピカピカに磨き上げられた壁や床、生活感を感じさせないおしゃれなインテリアには惹きつけられてしまうのです。

訪問査定の時はそこまでとは言いませんが、不要なものはできるだけ目のつかないところに片付け徹底した清掃をすませ、印象アップに努めましょう。

水回りの掃除とニオイ対策、玄関も片付けて広く見せる、カーテンと窓をあけて部屋を明るく見せるなど、十分に自分でできることですので、努力を惜しまないようにしましょう。

これにより、少しでも査定額が上がれば、努力した甲斐があったというものです。

これは買い手が内覧に来るときも同じです。いつ買い手が見つかって内覧という話になるかわかりませんので、売却を考えだしたら常に意識し、整理整頓、清掃に心がけるとよいでしょう。

まとめ

家や土地を高く売るために、いくつか自分でできることがあります。

まずは物件の相場を知る、相場を調べるところから始めましょう。

一括査定は評価額の比較はもちろん、よい不動産会社やよい担当者を見極めるためにも役立ちます。

満足できる売却は担当者の腕にかかっていますので、能力があり自分とフィーリングの合う担当者を探しましょう。

訪問査定や内覧に備え、徹底した清掃も忘れないようにしましょう。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guide(リガイド)の公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【任意売却の基礎知識】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事