住宅と査定額

不動産の売却査定は、複数の不動産会社に依頼することが多いのですが、最終的には絞り込みを行うため、お断りする会社が出てきます。

「断ることが苦手」という人にとっては、これが嫌なものですよね。

なんて言って断ればよいの?断ってもしつこく食い下がられたらどうしよう?と、電話の前で悩んでしまう人もいるかもしれません。

そのような方のために、不動産査定後のうまい断り方をお伝えします。

営業マンは断られることは日常茶飯事

営業マンは、売り込むことが仕事。でも百発百中の営業マンはまずいません。

不動産においても同様です。つまり、営業マンは断られることに慣れています。

査定の依頼を受けたとしても、「売却依頼」を受けることができないということは、日常茶飯事なのです。

大金を扱う不動産売買においては、しつこくごり押しすれば契約が取れるというレベルの営業ではないことは、不動産会社が重々承知しているので、断られたからと言って執拗に食い下がるということはまずないでしょう。

ですので、断ることに対して特に気負いすることはありませんので安心してください。

臆することなく事実とお礼を

断る方法としては、電話が一番手っ取り早いでしょう。担当者に直接、一言告げることで片付きます。

伝えるべきことは、「他と契約することになった」という事実のみです。

理由や言い訳をいう必要は全くありません。

ただし、今まで力を貸してくれたことに対してのお礼は、必ず付け加えましょう。

「他社と契約することになりました。今までありがとうございました。」

この一文で十分です。

なにか付け加えるのであれば、「今後またお世話になる機会もあるかもしれませんので、その時はよろしくお願いします。」などとし、誠意のある態度を示しましょう。

不動産会社によっては、理由を聞いてくることもありますが敢えて話す必要はないことです。

「ちょっとそこまでは・・」「家族で決めたことですので・・」などと濁してしまってよいでしょう。

余計なことを言って話し込んでしまうと、ああいえばこう言い何かしら食い下がってくることもあります。

担当者に直接話すことにどうしても抵抗がある場合は、担当者の留守を見計らって電話をし伝言をお願いするという方法もあります。

また、メールで連絡するということも可能です。ただ、これらの場合、本当に担当者に伝言が伝わったか、メールが届いたかが少し不安な面もあります。

断り方のポイント6選

1.「まだ検討中」は危険

断りにくいからと言って「検討中です」と濁してしまう人も多いです。

しかし、こう言ってしまうと、担当者はそれをストレートにとるしかありませんので、また時期をみて連絡をしてきます。

検討中ということは未だにチャンスはあると受け取れますので、もうちょっと押してみようと考えることも、営業マンとしては普通です。

特にしつこく営業するつもりではなくとも、それは当然の流れでしょう。

「他で契約した」という事実をはっきりと告げることが必用です。

2.下手な嘘は言わない

物事を断るとき、何か理由がないと断りにくいものです。

しかし、不動産売却の依頼を断るときに、「売却することをやめた」などという嘘をつくことは無意味です。

売却をやめたといったところで、売却活動が一旦始まればすぐに物件情報が公開されどの不動産会社でも共有できますので、嘘だったということは一目瞭然なのです。

誰でも嘘をつかれればあまり良い気はしないものですので、変に気を回さず簡潔にはっきりと事実を伝えるほうが良いでしょう。

3.誠意をもって断る

不動産会社の査定を断っても、今後いつまた仕事を依頼するチャンスがあるかわかりません。

例えば、契約した不動産会社でうまく売却が進まなければ、断った会社にお願いするということもあり得ます。

また、不動産売却において、依頼した不動産会社が買い手を必ず発掘しているかというとそうばかりではなく、時に他の不動産会社が見つけた買い手を紹介されるということも少なくありません。

ということは、断った不動産会社が見つけた買い手と契約を結ぶ可能性もあるわけです。

「どうせ断るのだから」と誠意のない断り方をして悪い印象を与えてしまうと、担当者も人間ですから、条件に合う買い手を見つけても紹介してくれないかもしれません。

どんなビジネスも人と人の繋がりは大切で、不動産売却も縁です。今回は断ることになった不動産会社ともなんらかの縁があったわけですから、今後もその縁を大切にするつもりで、対応することをおすすめします。

長々と話をする必用はありませんので、とにかく丁寧に誠意をもってお断りしましょう。今まで力を貸してくれたことに対するお礼と今後も機会があれば連絡させてもらいたいという言葉を添えるとよいでしょう。

4.連絡は迅速に!断りにくいからと言って放置はしない

断るということは、慣れていない人にとっては本当に嫌なものです。

しかし、嫌だからと言って放置してしまうと、不動産会社に無駄な労力をかけさせてしまいます。

よく、折り返し電話をしなかったり、メールに返信しないでおけば、その気がないことが伝わるだろうと考える人もいますが、担当者ははっきりとNOの連絡がない限りは営業活動を続けますので、それだけ無駄な労力を使うことになってしまいます。

依頼者の方も、状況を知らない担当者から引き続きメールなどで連絡が続けばストレスになりますし、お互いにとってよいことはありません。

断ることが決まったら、早くその連絡をすることがお互いのためなのです。

5.断ったのにしつこく営業してくる場合には

こういったことはあまりないのですが、断りの連絡を入れたにもかかわらず、執拗な営業活動を続ける不動産会社もまれにあります。

万が一そういった状況に陥った時には、宅建業法で認められていないということを伝えましょう。

法律により、不動産に関する執拗で悪質な営業活動がある場合には、免許行政庁に連絡することができます。

6.便利なお断りサービス

売却査定を最初に行う時、多くの人がインターネットを通した一括査定サービスを利用すると思います。

断ることが苦手という人は、一括査定を行う際に、「お断り連絡の代行サービス」があるサイトを探して利用することも一案です。

代表的なサイトは「イエイ」です。

「イエイ」を利用すれば、査定後にサポートデスクの相談員が、お断りの連絡を代行してくれますので安心です。

イエイのサイトはこちら

まとめ

不動産売却の査定を複数の会社に依頼すると、その後どうしても何社かにお断りの連絡をしなければなりません。

断りの電話は苦手、何と言ったらよいのか、しつこく営業されたらどうしよう・・・などと悩んでしまう人も多いかと思います。

しかし、このような心配は無用です。不動産会社の営業マンにとって断られることは日常茶飯事だからです。そして断ったからと言って、ごり押ししてくることもまずありません。

ただ、断るときには、事実をはっきりと、そして早いタイミングで連絡しましょう。

断りにくいからといってだらだら放置してしまうと、不動産会社の方はその間も無駄な労力を費やしてしまいます。

早い段階で、「他社と連絡した」という事実に、今まで力を貸してくれたことに対する感謝の言葉を添えて、丁寧にお断りのメッセージを伝えましょう。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guide(リガイド)の公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【任意売却の基礎知識】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事