売出し中の家

家の売却を行う時、専門的なことはわからないので不動産会社に全ておまかせと考える方も多いかもしれません。

しかし、「どの不動産会社に依頼するか」からスタートし、売却が完結するまでの間、自分でもやるべきことがあります。

この記事では、少しでも高く売るために、自分でもできることのリストを紹介しています。

リスト1:査定を有効に活用しよう

家の売却を考えたとき、まず知りたいことは、「この家がいくらで売れるのか?」ということです。

家の価格は、同じ様な条件の家の売り出し事例や、公示地価、路線価、その家の状態などを参考に、その家にあった適正価格を算出していきます。

これが査定です。そして、査定には「机上査定」と「訪問査定」があります。

机上査定では、最近の似通った家の売り出し額などを参考にしながら、その家の築年数や間取り、立地、方角などといった情報を基に大まかな査定額として計算されます。

実際に担当者が現地を視察するわけではないので、その家の状態などによって、大きく変わる可能性がある金額です。

これに対し、訪問査定は実際に担当者が現地を訪問し、家の中の状態はもちろん、外回り、近隣の様子なども全て確認して、査定額に反映させていきます。

そのため、訪問査定の金額は、より売却価格に近い現実的な金額となります。

査定額を知るためには、不動産会社に連絡し査定を依頼しなければなりません。

まずは、インターネットの一括査定などを利用して、机上査定としての大まかな金額を確認します。

一括査定の便利なところは、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できることです。

実は、この「複数の不動産会社に査定を依頼する」ということは、大きなメリットを持っています。

①家の相場を知ることができる

査定で提示された価格が果たして適正価格かどうか?という問題は、相場を知ることで解決できます。

もし、複数の会社が同じような価格帯の金額を提示していれば、それが相場ということができます。

売却価格を設定する時、いくら高く売りたいと言っても、相場からかけ離れた金額を設定すると、結果的に売れずに泣きを見ることになり、相場にあった適正価格とすることで、早く確実な売却が可能となります。

②良い不動産会社を選ぶことができる

複数の不動産会社に査定を依頼したとき、一社だけとびぬけて高い査定額を提示してきたら、注意しなければなりません。依頼を受けたいがためにあえて高い金額を提示している可能性があるからです。

査定額が提示された時、なぜこの金額になるのか?根拠があり納得できる回答を伴う必要があります。質問してみて、答えがはっきりしない、根拠がないということであるば避けた方が賢明です。

逆に、家の売却に長けていて、同じ様な家の売却実績が多く、高く売る自信があるという会社もあります。

そのような会社は、きっちりと論理づけた説明をするはずですので、そうであれば、安心して任せることができるでしょう。

このように、一括査定をして、その査定額を比較するとともに、不動産会社や担当者の力量を見極めるチャンスともなりますので、複数の不動産会社に査定依頼するとよいのです。

なお、一括査定は下記のサービスが便利です。

一括査定サービスはこちら

リスト2:不動産会社の営業活動を確認しよう

家の売却が成功するか否かは、ある意味で依頼する不動産会社の力量にかかっています。そのため、良い不動産会社や担当者に出会え、正式に売却を依頼することができたら、満足できる売却へ一歩近づいたことになります。

しかし、よい会社に依頼したからもう安心といって、任せっきりでもよくありません。

どのような営業活動、販売促進活動を行っていくのかは、その不動産会社の方針で全面的に進められていきますが、売り手の方もそれについて質問し、確認していく必要があります。

どのような宣伝広告を行っていくのか、不動産会社同士でネットワークはあるのかなどの販売戦略について、さらに、物件についての問い合わせが来ているかなどについて、その時々で確認していきましょう。

質問の際、明確な回答がされなかったり、問い合わせが一件もない状況が続くのであれば、新たに他の不動産会社を探すという手も考えていかなければなりません。

「問い合わせがないので、価格を下げた方が良い」というような提案があっても、即うのみにせず、なぜ問い合わせがないのか?を検証したり、価格を下げるべき納得のいく説明を受けるようにしましょう。

リスト3:買い手はどんな家に住みたいのか考えてみよう

売り手がなるべく高く売りたいと考えるように、買い手側はなるべく安く買いたいと考えています。

同時に、買い手は、「自分が住みたいと思う家」を探しています。

家の購入の際に金額が大きなウェートを占めることはもちろんですが、不思議なことに「この家に住みたい!」と思ったその気持ちは強いもので、一度その魅力に惹きつけられるとなかなか離れないものです。

それでは、買い手に「この家に住みたい」と思わせるチャンスはいつかというと、それは内覧の時でしょう。

気になる家が見つかると、買い手は内覧を希望します。この時の印象はとても重要です。購入意欲がアップするか半減するか、ここで決まるかもしれないのです。

買い手の購入意欲がわくような魅力ある家を演出するためにできること、それは、徹底的なクリーニングです。

  • 部屋を広く見せるために、不要品は片付けて、目につかないようにする
  • 整理整頓をする
  • 部屋を明るく見せるために電気をつけ、カーテンも開ける
  • 水回りの清掃も徹底し、におい対策もしっかりとする
  • 窓を開けて喚起をする
  • ペットはなるべく外へ出しておく
  • いらない靴は片付け、玄関を広く見せる

これらのことに気を付けて、訪問してくる買い手の第一印象をアップさせるよう心がけましょう。

リスト4:一戸建てについての注意

一戸建ての場合は、マンションと違って庭や外回りも気にしなければなりません。

家の外回りに不用品やがらくたが放置されていないか、庭にごみが落ちていないか、雑草が伸びていないかなどを確認し、ある場合は内覧の日までにきれいに片づけて、掃除をしておくようにしましょう。

買い手は、家の中の内覧とともに、周辺環境についても知りたがっています。最寄り駅の場所や行き方、周辺のお店、学校の情報などをまとめておくと親切です。

リスト5:ゆとりを持った売却スケジュールを組もう

さて、家の売却は、不動産会社と契約してから1カ月から6カ月ほどかかるといわれています。

特に、希望金額で売りたい、少しでも高く売りたいと考えている人は、買い手との交渉は必要不可欠です。

買い手は、気にいった物件が見つかると、その売却価格より少し低い金額で交渉してくることが多いです。

しかし売り手としてはもちろん希望価格で売却したいため、この交渉のために時間が必要です。

いつまでに売らなけらばならないという制限のある売却スケジュールであると、交渉に時間をとることができず、やむを得ずに低い金額で取引をするということになりがちです。

少なくとも、3ヵ月以上のゆとりあるスケジュールを組むことをおすすめします。

まとめ

家を売りたいときには、不動産会社に依頼して売却手続きを行ってもらいますが、満足できる売却を成功させるためには、全てお任せではなく、自分の努力も必要です。

まず、家の相場を知り、さらに信頼できる不動産会社を見つけるために、複数の会社に一括査定を申し込みましょう。

家の売却に強く信頼できる不動産会社と担当者に出会うことで、売却の成功に一歩近づきます。

また、内覧は買い手に良い印象を与えるチャンスですので、家の中はもちろん外回りまで、整理整頓、清掃などを徹底的に行い、買い手が「この家に住みたい」と感じるような状態にしておくことが肝心です。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guideの公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】

関連記事