買取ってもらう不動産の写真

不動産を売却する方法には、大きく分けて「仲介」と「買取」があります。

一般的には仲介を選ぶ人が多いものの、買取には素早く現金化できるという大きなメリットがあります。

ただ、買取を選ぶ時に注意すべき点もありますので、よく理解を深めてから行動を起こしましょう。

不動産の買取とは?

不動産売買には、大きく分けて2種類あります。

仲介と買取です。

仲介は、一般的に行われている売却方法で、不動産会社が売り手と買い手の仲介役となって交渉し、双方の契約締結を行います。

これに対し、買取とは不動産会社が直接物件を買い取ることです。

両者の大きな違いは、「買い手がだれか」ということです。

  • 仲介の買い手は、エンドユーザーである一般人
  • 買取の買い手は、不動産会社(エンドユーザーではない)

となります。

買取のメリットとは?

①素早く、確実に現金化できる

買取の大きな特徴は、なんといっても「素早い現金化」です。

不動産会社によっては、1週間で換金可能というところもあります。

不動産会社自身が買い手であるため、一般の買い手を探す必要もなく、その時間も手間もはぶくことができます。

不動産会社が買取額を決定次第、即現金化の準備に入ります。

このことから、どうしてもまとまったお金が必用、今すぐ売りたいという人にはピッタリの方法だといえます。

②仲介手数料がない

不動産を仲介で売却すると、不動産会社に支払う仲介手数料が発生します。

仲介の場合、不動産会社はあくまでも仲介役であり、物件を売る・買うというところで儲けを出していません。不動産会社は仲介手数料をもらうことで儲けを出しているのです。

一方、買取であると、不動産会社は一旦物件を買取り、それを改めて売却することで利益を出します。そのため、買取の際に売り手に仲介手数料を請求することはありません。

たかが仲介手数料と思いますが、一般的に仲介手数料の金額は、
「取引金額×3%+6万円」
で求めることができます。

例えば、売却価格が2000万円の場合、

2000万円×3%+6万円=66万円(税抜き)

となりますので、馬鹿にできない金額となります。

この仲介手数料がなしというのですから、これも大きなメリットと言えるでしょう。

③瑕疵担保責任がない

不動産を売却すると、売り手には「瑕疵担保責任」が科せられます。

仲介で売却した場合、売却後に物件に何かの問題が発覚したとき、売り手が責任をとるというものです。内覧の時にはわからなかった雨漏りなどが一例です。

瑕疵担保責任は、通常10年となっており、10年間は補償の責任がついて回ります。

しかし、これが買取となると、売り手に対する瑕疵担保責任はなくなります。

買取では不動産会社が一旦その物件の所有者となり、不動産会社からエンドユーザーである一般の人へ改めて売却するという形となります。

ということは、売主である不動産会社が瑕疵担保責任を負うというわけです。

このようなことから、買取で売ってしまえばその後の面倒なトラブルの心配はなくなります。

買取にはデメリットもある

早く確実な現金化と、売却後の面倒なトラブルがないというメリットのある買取ですが、実はデメリットもあります。

最も大きなデメリットは、なんといっても「買取価格が低い」ということでしょう。

買取価格は、市場価格と比べるとその7割程度が相場といわれています。

買取を行う不動産会社では、「安く買って高く売る」ことで、自分たちの利益を追求しています。これは不動産業界だけでなくどんな商売でも同じことが言えます。

不動産売買においては、その金額の桁が違うため、同じ3割と言っても莫大な金額の差となりますので、この金額的デメリットはかなりのインパクトがあるものです。

この買取価格の低さが、ほとんどの人が仲介を選ぶ大きな理由となっています。

買取における重要な注意点

金額的に大きなデメリットを抱える買取ですが、様々な事情でどうしても買取を選択したいというケースがあります。

しかし、急いで売却したい場合でも慌てずに、以下のような点に心がけ、少しでも高く、うまい買取を行いたいものです。

①買い叩きを避ける

買取を行いたいという人は、「急いで売却したい」「内密に売却したい」などという事情のある人がほとんどです。

しかし、絶対に慌ててはいけません。不動産売買について全く何も知らずに不動産会社のドアを叩き、「とにかく早く売りたい!」などと相談してしまうと、不動産会社に足元を見られ、買い叩かれてしまう可能性があります。
 
いくら買取であっても、その金額は買取としての適性価格でなければなりません。

そこで、自分の物件の相場がどのくらいか、ある程度の知識を持つ必要があります。

比較的簡単に相場を知る方法は、一括査定です。インターネットの一括査定サイトでは、複数の会社にまとめて査定依頼が可能です。

一括査定で、複数の不動産会社に買取査定を依頼し、その査定額を比較してみましょう。

数社が同じような査定額を提示していれば、その近辺の金額が相場と考えられます。

そしてもし、相場より明らかに低い金額で押してくるような会社があれば、その知識を盾に対応することもできます。

一社だけに査定を依頼し、「早く売りたい」という弱みに付け込まれてそのまま契約してしまうということは、何としても避けたいのです。

なお、一括査定は下記のサービスが便利です。

一括査定サービスはこちら

②買取は最後の切り札!

今すぐ!今週中に!どうしてもまとまったお金が必要などと追い込まれている場合は、即金買取はとてもありがたいシステムです。

金額は低くてもよいから、すぐ現金化したいという人にはおすすめです。

しかし、少しでも時間にゆとりのある場合には、慌てて買取に走らず、他の方法がないか考えてみましょう。

もし、売却期日が迫っているものの、それまで2、3ヵ月あるというのであれば、「買取保証」という選択手段もあります。

これは、期日までの2,3ヵ月の間は「仲介」として売却活動をし、期日までに売れなければその時に不動産会社が買取を行うというものです。

売却活動期間が少しでもある分、高く売れる可能性があり、最悪ケース期日までに売れなければその時点で確実に買取りしてもらえるという安心感があります。

買い手を探したり、交渉をするなど売却活動の面倒がない買取は魅力もありますが、やはり同じ物件を売るのであればたとえ3割でも無駄にしたくないものです。

買取という選択は最後の切り札として考え、できるだけ高く売れる方法を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

「どうしても早く売却したい」と切羽詰まっている人にとって、買取はとてもありがたい売却方法です。

不動産会社が直接買い取ってくれることから、買い手を探し、交渉する手間と時間を省くことができ、速やかに現金化することができます。

さらに、売却後の煩わしい補償問題に巻き込まれる心配もなく、仲介手数料もないという様々なメリットがあります。

これを聞くと、売却活動や手続きが面倒だと感じている人は買取の方が良いと思いがちですが、実は大きなデメリットがありますので、注意してください。

そのデメリットとは、「買取価格の低さ」にあります。

買取価格は市場価格の約7割ほどが相場といわれています。

さらに、不動産会社によっては弱みに付け込んで買い叩きをしてくる会社もあります。

そのため、買取を行いたい時には、必ず一括買取査定などにより複数の会社に査定依頼をし、査定額を比較することが必要です。

また、緊急を要するケースでなければ、「買取保証」など他の手段も考慮に入れて、少しでも高く売れるようしたいものです。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guideの公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】

関連記事