売出し中の土地

相続したものの税金だけ払って使っていない土地があるなど、様々な理由で土地を売却しようと考えている方も多いと思います。

その時、まず気になることが「いくらで売れるのか?」ということですよね。

土地売却の第一歩は売却査定です。

土地は、価格変化が激しい家やマンションなどと比べると、査定額と売却額の差は出にくいと言われています。

しかし、土地の売却で損をしないためには、その査定額が適正価格でなければなりません。

今回は、土地の売却査定で損をしないポイントについてお話していきます。

よい不動産会社を選ぼう

大きな財産である土地を売却するためには、様々な専門的な手続きが必要になります。

私たち一般人にとっては複雑に感じられたり難しいことが多いため、土地の売却を行う際にはそういった手続きも全て含めて、不動産会社の担当者にお任せすることになります。

安全安心取引のためには、土地売却について強く、専門的な知識をもっている不動産会社を選ぶ必要があります。

一括査定で複数の不動産会社を比較

さて、売却を行うための第一歩が売却査定です。

この査定の段階で、よい不動産会社を見分けることができれば、土地売却の成功に一歩近づいたことになります。

土地の売却査定を依頼する時、通常はまず簡易査定(机上査定)を依頼します。

簡易査定は、住所や土地の面積といった情報から価格はじき出すもので、実際に業者が現地を訪問することはないので机上査定とも呼ばれます。

簡易査定の段階でぜひ心がけてほしいことが、「複数の不動産会社に査定を依頼する」ということです。

このステップは、「良い不動産会社を選ぶ」ためにとても重要だからです。

さて、ここでぜひ利用していただきたいものが、「一括査定」と呼ばれるものです。

一括査定サービスはこちら

その名の通り、インターネットを通して複数の会社にまとめて査定を依頼できるというシステムです。

一括査定により、複数の会社から査定額の提示があり、その金額はもちろんのこと、各社の知識、対応の仕方などを比べる材料となります。

簡易査定を行った数社の中から、対応がよい会社や信頼できそうな会社を選び、改めて訪問査定を依頼するという流れが一般的です。

どの不動産会社の査定額も似通った金額のはず?

土地の価格については、国土交通省のウェブサイトで地価として調べることができます。

また、土地を商品として考えた時の市場価格も、データとして成り立っており、通常、どの不動産会社の査定額も似通っており、それほどの差は出ないと考えてよいはずです。

そのため、査定依頼をした複数の不動産会社の中で、一社だけとびぬけて高い金額だった、あるいは極端に低い金額だったという場合、その不動産会社には注意が必要です。

契約を取りたいためにわざと高い査定額を提示していたり、逆に市場価格などについてしっかり把握していないという可能性もあるからです。

土地売却の成功は、依頼する不動産会社の腕にかかっていると言っても過言ではなく、なによりも安心して信頼できる会社を選ぶことが大切です。

極端に高い査定額を提示して、その額で売り出すことはできても、その金額で売れるという保証はありません。

逆に市場価格や相場から大幅に外れていれば、なかなか売れず、最終的に大幅に値を下げなければならないというケースも考えられるのです。

大まかな査定額を知ることに加え、信頼できる不動産会社を見つけるために、複数の会社から査定を取ることをおすすめします。

一括査定サービスはこちら

土地の相場を知ろう

一括査定で査定額が提示されたが、これが適正価格であるかどうか確認したいという人もいるでしょう。

数社がどこも同じような額を提示していれば、それが大体の相場と考えられますが、自分でも何らかの形で確認しておくと、提示額が適正価格かどうか知ることもでき、更に安心ですね。

土地の相場を調べるためには、「自分の土地と類似する条件の土地」の売却状況を調べることから推測することができます。

このために便利なサイトが、国土交通省の「土地総合情報システム」です。

「土地総合情報システム」の中にある、以下のようなページにて土地の相場を知ることができます。

①実際に成約された取り引き情報を知る「不動産取引価格情報検索」

これは、各地域で実際に行われた不動産取引のデータがインプットされており、自分の土地の場所や条件に近い土地の売却状況や価格を通して、大体の相場を知るというものです。

②国や都道府県が算出した地価を調べる「地価公示都道府県地価調査」

このデータは一年に一度見直される地価が掲載されており、売買取引を目的とする市場価格とは違いがあるものの、参考として見ておく価値はあります。

その他、不動産情報サイトなどでも各地の不動産相場を掲載しているものがありますので、インターネットを大いに利用して、情報収集をするとよいでしょう。

古家付きの土地を売りたいときの査定は?

相続などで古い家が建ったままの土地、さて、どうやって売ろうか?と悩む方も多いです。

一般的にいうと、築20年以上たった家はその価値がほとんどなく、値が付かないといわれています。こういった場合、土地だけの評価額で売り出すことが多いです。

そのため、古家付きの土地の売却の方法としては、以下の選択肢が考えられます。

  1. 古家を解体し更地として売る
  2. 古家を残したまま売る

更地にして売る場合は、売り手側に解体費用がかかります。しかし、買い手側に解体する手間や費用がかからないので売れやすいという見方もあります。

では、古家を解体して更地とする方が、絶対的にベターなのかというと、そうでもありません。

土地を買う人はほとんどが家を新築するために買いますが、更地の土地を見ても、「実際に家が建った時のイメージ」がつきにくいと言われています。

実際にどのくらいの規模の家が建つのか、家を建てた時の日当たりや眺めはどうかなど、更地を眺めてもピンとこないのですね。

しかし古家が残っていることで、そういったことがイメージしやすいのです。

また、家の状態と買い手の希望によっては、解体はせずに大掛かりなリフォームをして住むというケースも考えられます。

さらに、更地とされている土地だけの購入であると、住宅ローンを組むことができません。

ところが、古家が残っていれば住宅ローンを使うことができますので、買い手にとっての利便性が高くなり、その分早く買い手が見つかるという可能性もあります。

更地にして売却することが一般的なのかもしれませんが、実は見方や考え方は多様です。

査定を行う時も、古家だから即解体と単純に結びつける必要はありません。

いくつかのパターンを見越して査定額を提示してもらい、担当者とよく相談しながらあらゆるケースを視野に入れて検討するとよいでしょう。

まとめ

土地の売却を行うための第一歩が売却査定です。

査定自体はインターネットなどを通して簡単に行うことができますが、問題はその提示額が適正価格かどうかです。同時に、信頼できる不動産会社であるかどうかも、最重要課題の一つです。

これを知るためには、複数の不動産会社に査定依頼をし、その提示額の比較と共に、担当者の知識や対応の仕方などを比較検討する必要があります。

土地売却の成功は、すべて担当者にかかっているからです。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guideの公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】

関連記事