不動産売却前にハウスクリーニングはすべき?

こんにちは、管理人のサトウです。

今回は家やマンションなどの不動産を売却する場合に、ハウスクリーニングはしたほうが良いのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

売却前にクリーニングはするべき?

結論から言うと、「するべき」です。

ただし、これは義務ではありません。クリーニングした方が売却しやすくなるため、行ったほうが良い場合が多いということです。もちろん、購入者の方もきれいな方がうれしいですよね。

まずはハウスクリーニングをする場合のメリットと、しなかった場合のデメリットを解説します。

ハウスクリーニングをする場合のメリット

値引きされにくい

購入側としては、きれいな状態の家が良いため、汚れや傷などがあった場合、値引きを要求してくる場合が多くあります。そのため、きれいにハウスクリーニングされている物件では、値引きされる可能性が低くなります。

購入後のトラブルを防げる

実際の引き渡し時に、内覧時には見えなかった傷や汚れなどが発見されて、クレームにつながることがあります。

ハウスクリーニングを行うことによって、そういったトラブルの危険を回避しやすくなります。

購入まで進みやすい

内覧に訪れる見込み客は、購入する意思をもって内覧を行っています。

室内を見学して気に入れば購入に進む可能性は高いため、汚れていることによって、購入への迷いが生じてしまうと、せっかくの売却のチャンスを逃してしまいがちです。

チャンスを逃さないためにもクリーニングは有効です。

ハウスクリーニングをしない場合のデメリット

値引き交渉をされてしまう

クリーニングをした場合とは逆に、汚れを理由に値引き交渉されてしまいます。

通常、住宅の値引きというのは数十万円~数百万円と高額なため、ハウスクリーニングの費用よりも高額になりがちです。

売却に時間が掛かってしまう

物件の印象が悪くなってしまい、購入者が現れるまでに時間が長くかかる可能性が高くなります。

売れ残ってしまう

時間がかかるだけでなく、最悪の場合、何年も売れずに、そのまま売れ残ってしまうというリスクもあります。

売れ残りの理由は、ハウスクリーニングだけが問題ではないのですが、汚れているというのは、売却にマイナスの影響はありますので、注意が必要です。

ハウスクリーニングの目的

このように、ハウスクリーニングは売却額をアップさせるために行うというよりも、売却価格が下がらないため、早く売却を成功させるために行うと考えると良いと思います。

売却額をアップさせたいという場合は、住宅設備の交換(浴槽、ガスコンロ等)、壁紙の張替等のリフォームを行う必要があります。

費用に見合う効果はあるのか?

ハウスクリーニングは自分で行うこともできますが、手間と仕上がりのきれいさから、プロへ依頼するという選択肢も考えておく必要があります。

それでは、どこをプロにまかせて、どこを自分でクリーニングすべきでしょうか?
また、一体いくら掛けるべきなのでしょうか?

ハウスクリーニングをするべき場所

プロに任せた方が良い場所

水回り部分は特にプロと素人の違いが出やすい場所です。
台所のガスレンジ・換気扇、浴室・洗面台・トイレなどは、プロに任せると良いでしょう。

ハウスクリーニングの料金相場

・キッチン→20,000円程度
・バスルーム→15,000円程度
・洗面化粧台→10,000円程度
・トイレ→10,000円程度

ハウスクリーニングの相場は1万円程度からになります。水回り全部依頼しても数万円ですので、必要経費として割り切るのが良いと思います。

クリーニング代として数十万円の値引きを要求されることは、ザラにありますので、事前にクリーニングを行っておくほうが、経済的とも言えます。

自分でクリーニングできる場所

基本的に水回り以外の場所は、自分でセルフクリーニングするだけで十分にきれいになります。

玄関、リビング、子供部屋、寝室などはきれいに拭き掃除まで行い、ほこりなどがサッシに残っていたりしないようにしましょう。

また、見落としがちなのが、「庭」です。

家の中は掃除も行き届きやすいですが、家の印象というのは、アプローチを含めて、庭や駐車場の整理整頓具合まで含めて、全体が印象に残ります。

家が立派でも庭の汚い住宅というのは残念なものです。

雑草や庭木の手入れなども行っておきましょう。

ハウスクリーニングをするタイミング

ハウスクリーニングを行うタイミングは、「物件の査定前」または「内覧の前」が一般的です。

査定前にクリーニングを行うことで、査定額がアップし、売却開始価格を高めに設定できる可能性が生まれてきます。

査定には間に合わなかったとしても、内覧前には必ずクリーニングを行います。

内覧前には換気をするなどはして、臭いがこもらないように注意することも必要です。
内覧時の注意点については、こちらの記事を参考にしてみてください。

【関連記事】居住中の不動産を売却するには? 内覧時の注意点

まとめ

今回は「不動産売却前にハウスクリーニングはすべき?」について解説してきました。

基本は、自分が購入する側だったら、どういうところに目が行くかを考えながら、できる限り綺麗にするということになります。

買い手の立場になって、気持ちの良い家になるようにしましょう。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産の売却価格は業者によって100万円以上の差が出ることが普通です。そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります。そこで、無料で使えて、しつこい営業がない一括査定のサービスを当サイトで厳選しました。
おすすめの一括査定サービスはこちら

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事