【リフォーム体験談】築32年の実家をリフォームし、家が明るい雰囲気に
こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、築32年の実家をリフォームされた方の体験談です。リフォームする人によってデザイン性、機能性、安さなど重視するポイントは異なります。それにより、業者も異なるので、頼もうとしている業者がどのようなことを重視してリフォームするのか情報を入手しておくといいですね。

築32年の実家をリフォーム

30歳、女性、奈良県の生駒郡に在住しています。実家の一戸建てをリフォームしました。

築32年となった頃でキッチンの水道管が水漏れし、床やシンク下収納が浸水、剥がれや汚れが気になり、LDKのリフォームとなりました。

業者は地域密着型で近隣の方から紹介してもらったリフォーム業者に依頼しました。20畳のLDKで70万円弱かかりました。

まず、キッチンの形状がとても古かったので、かねてから憧れていた対面式のキッチンをチョイス。

冷蔵庫をおさめる場所が狭く、冷蔵庫を買う時にとても不便だったので、広く取ってもらい、勝手口がなかったので、勝手口を新たに施工して頂くというのが当初の依頼でした。

しかし、見積もりや打ち合わせで業者の方とお話しをするうちに、庭の水道管の位置などで勝手口はかなり大々的な工事になることとなり断念しました。

あとは、私も母も高身長ということでできるかぎりキッチンの高さを出してもらうということが追加になりました。

快適に過ごすことを重要視

このLDKでほぼ時間を過ごすので、快適に過ごせることが重要です。

いまある、家具との兼ね合いや色味、質感でかなり迷いましたが、以前は濃いブラウンの木目を基調としたシステムキッチンだったので、印象が暗くなりがちだったのですが今回は淡いグリーンの木目を取り入れ、フローリングの色もダークブラウンからライトブラウンにすることにしました。

最近では、本当にさまざまなカラーや質感がそろっており、ニーズに合わせて選べることがとてもうれしく迷うことが楽しかったくらいでした。

リビングには大きな収納を置いていたものを撤去し、作り付けで可動式の棚をそなえてもらうことにしました。テレビを置く場所のサイズを測ったりと、すこし手間取りましたが大満足の結果となりました。

リフォームのことは全く無知でしたが、高級感のつもりでダークブラウンを選んでいたことが我が家の欠点だったと分かりました。

窓はそれなりにあるのに何だか暗いというイメージだったLDKが明るくなりました。

レースのカーテンも開け放していましたが、今はレースのカーテンをしていても明るいLDKとなったのです。

地域密着型の業者は気軽で相談しやすい

リフォーム業者はいくつか検討しましたが、地域密着の業者にして良かったと思います。

価格やおしゃれさだけで遠い業者の方に依頼すると出張費などの請求があったりするそうで、その点地域密着であれば、気軽に相談もしやすくなります。

結局、こちらの業者の方がとてもよくしてくださったので、現在バスとトイレのリフォームも見積もり中です。

長年に渡りお付き合いしたくなるような誠実な業者さんと出会えてとてもラッキーだったと思います。

業者さんはいくつか比較検討し、できれば知人が施工してもらったことのある方を選ぶことが成功の鍵だと思います。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事