【購入体験談】「プロにお任せ」はNG!自分の目で確認を
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は自宅を建て替えされた方の体験談です。住宅を建てる際の施行業者選びは大事ですね。建築途中に何度も確認するなど自分の目で見ることが完成後、快適に暮らせる生活に繋がるのではないでしょうか。またアフターメンテナンスもしっかりしてくれる信頼のおける業者を選ぶことも重要ですね。

 

おすすめ住宅ローン■当サイト1番人気のおすすめ住宅ローン■

年間50万人が利用する当サイトで一番申込数が多い住宅ローンは、三菱UFJ銀行の住宅ローン(ネット専用)です。

人気の理由は、変動・3年・10年固定金利が通常ローンよりも安く、さらに固定期間終了後の金利まで低いこと。

支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借換にも対応)。

住宅ローン契約額は日本で第1位!、当サイト以外にも多くの人が利用しています。



三菱UFJ銀行の公式ページはこちら

建て替え後1年しないうちに雨漏りが起こる

私は東京都在住の48歳の女性で、自営業です。

ちょうど住んでいた家が古いままだったので建替えようと言う事になり、その情報を借り入れしたい信用金庫から紹介された建築会社で建替えることになりました。
建替えて1年もしないうちに、雨漏りがしたり壁紙がはがれてきたり…扉の開閉もスムーズでなくなってきました。3階建てだったのですが、屋上に洗濯物を取り込む際の物置小屋を作ってくれたのですが…これがまた大問題になり、地主の方からクレームが来て4階建てになっている!!と言われて地代の値上げなどでさんざんモメました。

修理を依頼してもなしのつぶて。そのうち業者は倒産

あまりにもひどいので修理をお願いしたのですが、「そのうちお伺いします」と言ったままなしのつぶて。連絡して半年後、その会社に言ったら倒産して会社はなくなっていました。誰にも文句を言う事ができず、我慢して生活していました。自分で屋上をコーキングしてみたり、壁紙を張り直したり。でも根本的な雨漏りの対策にはならず、毎年壁紙を張り直して急場をしのいでいました。

たぶん、建築会社が安い工賃や材料で鉄骨住宅を作り、高く売りさばいて逃げたのでしょう。今は我慢できず、その建物を売って他の場所に住んでいます。とても高い勉強代になりましたが、今では身にしみて一軒家を無理やり建てる必要ないんだなーと痛感しています。

「プロにお任せします」と言ったことが一番の間違いだった

我が家の一番の失敗は「家を建てた事がないので、プロの方にお任せします」とお願いした事が間違いだった事です。仕事もしていてあまり綿密なコミュニケーションも取れていないまま、建築会社に任せっきりになっていました。終わった時には、注文していた予算よりも1,200万円もオーバーしていたのですから。

どこにもこの怒りのぶつけようがありませんでした。自分達の希望をしっかりと述べる事がとても大切だと思います。無理難題を言っているようであれば、プロの目で違う方法を教えてくれると思います。
そして、建築途中で何度も確認する事が大切です。しつこくて嫌がられるかもしれないですが、一生かけて払っていく住まいなのですからいい加減に作らないように現場監督のようにしっかりと自分の目で見る事が重要です。そしてわからない事は何度も聞いて説明してもらうと良いと思います。

何度も現場に足を運び、確認することが大切

我が家も見た目はとても素晴らしかったです、初めのうちは。人間と同じように外見だけ装ってもすぐボロが出てくるものです。基礎工事をしっかりとする事が大事だと思います。
今でも、昔の我が家だった所に人が住んでいます。見た目は変わらずレンガ造りですっきりしていますが、たぶん部屋は雨漏りで苦労していると思います。

一生の住まいを購入または建てる人は、しっかりと1度ではなく2度3度足しげく通ってよく中身を確かめて下さい。天気も晴れの日だけでなく、雨の日なども確認すると良いと思います。
私のように住宅で後悔しないように、私の失敗談を参考にステキな住宅を手に入れて下さい。
(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


保障が充実の変動・10年固定住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利・10年固定金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動・10年固定金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 



ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>三菱UFJ銀行の公式ページ(実質金利が安い/変動・3年・10年固定金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行(全疾病保障付で変動金利が最安水準)

>ARUHIの公式ページ(フラット35最安水準)


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換