【住宅ローン体験談】夢のマイホーム購入!住宅ローンは池田泉州銀行に決めました
こんにちは、管理人のサトウです。

今回はマイホーム購入し住宅ローンを組まれた方の体験談です。長期にわたってローンを組まれる方が多いので、自分の状況と合った金利を選ぶといいですね。

夢のマイホーム購入

私は大阪府在住の37歳の女性です。
月並みですが、夢のマイホーム購入する際に住宅ローンを利用しました。
主人も私も当時は共稼ぎで、2LDKのハイツに住んでいました。
結婚するまでの住まいは、主人と私も共に実家暮らしでして、同じ市に住んでいまして2人とも車を所有していました。

インテリアショップにて働いてました私は買いたい家具が決まっていたために、少し広目で、尚かつ、車が2台停めることの出来る仮住まいに住んでいました。
車が2台と言うことで、希望の家賃で住もうと思うと少し田舎の方に行かないといけませんでした。

主人の実家には近いですが、そのため私の実家までは車で15分もかかってしまい将来子育てする際にはいろいろと不便を感じることになると思いましたので、少しでも私の実家に近い所で尚かつ理想の間取りで住める家を探していました。
結果的に、お互いの実家に近くて、理想の間取りが手に入って物件を購入しました

マイホーム購入の夢を叶えるまでに沢山の物件を主人と見に行きました。
ハウスメーカーを見たときはキッチンがオシャレすぎたりリビングにこだわりすぎたりと比現実的だったので参考にはなりませんでしたが、実際に新築で建てている物件は現実的な広さと使いやさすさでとても参考になりました。

その中で、決めたのにはやはり駐車スペースが広くて車が2台と将来の子供たちが使うだろうという自転車や外遊びの道具が収納出来るスペースと、自由に間取り変更出来るということで決めました。
沢山の見たモデルルームを少しでも組み込めることが出来本当に良かったです。

住宅ローンは池田泉州銀行に決めました

住宅ローンは不動産の提携していました、池田泉州銀行に決めました。
不動産経由だったので金利を優遇して頂けると言うことで、元々の取引は無かったので新規で利用させていただきました。

苦労した点は特になかったですが、出来るだけローン年月を減らすために元金を入れました。
年金がこの先何歳で貰えるのか分からない時代ですので、35年の長い年月を経て定年になっていたら、ローンが払えなくなるので少しでもローンの年月は短くしました。

最近の住宅はいかに安く購入出来るように、余分なものを省いて販売しておられるかと思いますが、例えば、食洗機、床暖房、カーポート、ベランダの屋根など住んでからでも付けれますよ?と言われるみたいですが、その場は安く購入出来ますが、私から言いますと、全部いります!

初めに付けておくといいです。
特に床暖房なんて後から付けるのにはフローリングまるまる替えることになると思います。
住んでいる荷物をいったん移動させてからの何日かの作業は大変です。
まして、子供さんがいればより大変です。
スイッチ一つで何も器具を出さなくても足下からお部屋が暖められる床暖房は絶対オススメです。
(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、変動金利、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事