42275925_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は元不動産売買の営業担当の方の本音トークです。業者の本音と不動産売買のポイントについて詳しく述べられていますので、ぜひ参考にしてみたください。

業者の見分け方、物件の買い方、不動産デベロッパーの元社員が教えます

私は35歳男性のサラリーマンで、以前は不動産デベロッパーの営業マンとして働いていました。

会社としては主に大阪を中心とした関西一円で開発から販売までを行っており、私は主に大阪を中心とした営業担当でした。

建売の一戸建てや分譲マンションの販売を中心に営業していたので、お客様は20代後半から40代前半のご夫婦がおもでした。

基本的にはインターネットや新聞折り込みチラシを見て検討に来られる方が多かったです。
実際に見に来られるお客様は事前に何社かの物件を検討しているため、事前にインターネットなどで物件情報や建築などの情報を仕入れているお客様が多くいました。

ネットで調べた偏った知識を持っているお客さんも多くいました

ただやはり間違った知識や、よくある「こんな住宅は購入するな」といったまとめサイトなどで偏った知識を持たれている方も多かったです。
なので接客方法としては、まずお客様の要望をお聞きし、それにあったご提案と正確な情報をお話しさせていただきます。

販売ノルマがあるので売ることを優先することもあります

ただし企業なのでやはり営業マンにもノルマなどがあるために、時期によっては丁寧な接客というわけにはいかず、とりあえず何が何でもこの客に売りつけるんだという指示が上司から出ているときは接客の内容や説明の内容などが荒いものになっていたと思います。

不動産会社えらびと購入時期で絶対に気をつけるべきポイント

なので不動産会社選びと購入時期で気を付けて頂きたいポイントを記載します。

まずは不動産会社選びですが、出来る限り大手で社員の離職率の低い企業にしてください。
大手がいいという理由ですが、小さな企業では販売価格を低くしている会社が多いのですが(そうでないと大手との競争に負けるため)、利益を低くしすぎて販売後のアフターメンテナンスの費用をとっていない会社が多いです。

小さな不動産会社はメンテナンス担当がいないことも当たり前

実際私が以前に働いていた会社がそうでした。
またそもそもアフターメンテナンスの担当者がいないことも多いです。
そのため購入した住宅に不具合が発生した場合でも、対応が遅かったり、自分たちのせいではなくお客様の使用方法が悪いからと言って有償対応を求めてくることがあります。

不具合発生は営業マンの自腹を強要する会社もあります

これは社内的な問題ですが、不具合が発生したとなったら責任問題になったり、ひどいところは開発担当者の自腹対応などを求めて来る会社もあったりするので、そもそも自社の不具合だと認めなかったり、誰も決済したがらないために社内で書類があちこち回されたりして、肝心のお客様対応をしない、というかたらい回しにする事が多いためです。

離職率の高い会社はアフターメンテナンスが疎かになっている

また離職率が低い企業にしたほうがいい理由ですが、購入時の営業担当者が辞めてしまっていなくなっていた場合、上述の通りお金にならないアフターメンテナンスやクレーム対応を誰もしないためです。

購入時期は決算時期を避けること

購入時期ですが、決算前3カ月ほどは辞めたほうがいいです。
この時期は決算に間に合うためにとりあえずどんな方法でも売りつけろっていう指示が会社より出ているためで、お客様の要望に合う合わないを無視して、会話で丸め込んでとりあえず売りつけろということになります。

不動産会社はノルマ未達成の場合の上司からのツメが激しいところが多いのと、自分たちのボーナス査定などに影響されることが多いので営業マンも必死で売りつけようとします。

なので営業マンの対応がおかしいなとか、自分たちの話を聞いてもらえない、要望を聞いてもらえないと感じた場合すぐに他の不動産会社を選ぶことをお勧めします。

納得できる営業マンと会社を探しましょう

やはり一生ものの買い物になると思いますので、多少は時間をかけて本当に気に入った建物を、納得できる営業マンと会社から買うようにしてください。

まとめ

今回は元不動産営業マンの方が、不動産業者の裏側について教えてくれました。購入時期や選ぶ業者によって理想の物件に出会える確率が大きく変わってしまうというのは、ちょっと驚きです。

はじめから良い業者に当たればラッキーですが、そうも行かないのが現実かもしれませんね。今の時代なら、ネットの一括見積もりで多数の業者を比較することもできますので、できるだけ優良な業者を味方につけて、後悔の無い失敗の無い不動産売買を行いたいものです。

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換