住宅金融公庫のゆとりローンを借換え
こんにちは管理人のサトウです。

今回は住宅金融公庫の住宅ローン(ゆとりローン)金利が、11年目で跳ね上がってしまうために借り換えを行った方の体験談です。

さっそく見ていきましょう。

住宅金融公庫でゆとりローンを契約していた我が家

現在神奈川県に住む45歳の専業主婦です。今から数年前に、住宅ローンの借り換えを経験しました。

そのきっかけは、購入10年を迎える我が家の住宅ローン金利が、急激に上昇してしまうことでした。

契約から11年目になると、このローン金利がはね上がる仕組みになっていたのです。

そのため、購入から10年目あたりで、借り換えを検討したいと思っていたため、その時が来たといった感じでした。

休日には、主人と一緒に近所の金融機関をはしごする日々。こうして色々な銀行でシュミレーションをした結果、「東京三菱UFJ銀行」に決定しました。

この東京三菱UFJ銀行に決めた一番の理由は、やはり金利の低さです。借入金額が大きい分、0.1%違っても千円単位で返済金額が変わりますから・・。

もう1つ決め手になったのは、担当者の方の対応の良さです。相談して相性が合わない銀行では、長い間安心してお付き合いすることに不安を持つことになってしまうからです。

東京三菱UFJ銀行に決定後、どの種類のローンを契約するかを考える

悩んだのは固定金利にするか変動金利にするかです。

変動金利の方が利息は低く設定されていますが、金利が急上昇するということもあり得ます。

現在は固定金利と変動金利を組み合わせることができる、ミックス借入という種類があるようなのですが、当時はこのようなタイプは知りませんでした。

借り換えでは融資手数料や司法書士報酬などの諸費用がプラスされますので、実際の借り入れ金額より、50万円前後の金額は上乗せされます。

銀行には実際に借り換えする時の諸費用を加えて、両タイプのシュミレーションを依頼しました。

景気はしばらく上がらないだろうと予想したことと、店頭表示からの優遇金利で0.875%という金利の低さに魅力を感じたことから「変動金利」を選択しました。

私の契約している住宅ローンは、ローンの種類を変更しても完済までの期間は常に店頭表示金利より年1.6%前後の優遇があります。

諸費用が50万円もかかりました

その後、実際の借り換えが実行されるまでに提出しなくてはいけない書類は沢山ありました。

不動産売買契約書や部屋の間取りなどの提出書類は、自宅にあるものをコピーすれば大丈夫ですが、法務局に取りに行かなくてはいけない書類もあったり、現在ローンを組んでいる銀行に、一回は足を運ばないといけなかったりといった手間がありました。

借り換え諸費用の50万円を用意するのが大変でしたが、月々のローンに上乗せすると返済額も上がってしまうため一括で支払いすることにしました。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事