【住宅ローン体験談】新築一戸建てを購入・住宅ローンはJA
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、新築一戸建てを購入して住宅ローンを組まれた方の体験談です。住宅ローンの審査は様々なデーターをチェックし総合判断します。自身で住宅ローンの知識を得ることは大事なことのようですね。金融機関によって審査に通りやすいところもあるので、住宅ローンに通りやすい金融機関を利用するのもいいのではないのでしょうか。

新築一戸建て購入

私は長野県在住の37歳の女性でパートをしています。
不動産を買おうと思った理由については、夢のマイホームというのもありますが、今現在、子供が3人いてアパート暮らしが狭くて辛くなり、どうせならば後に残せるものを、家を買おうと思いました。

物件は新築一戸建てです。2階建てになります。
田舎なのもありますが、中古物件で探しても住みたい地域には手頃で築浅なものが少なく新築にすることにしました。

住宅ローンはJA住宅ローン

JA住宅ローンを選ぶことになったのは、JAの担当者がとても良い方で、親身になって対応して頂けたことが決めてです。
この方のおかげで今があると言っても良い程です。
借りられるようになるまでには、中々良い返事ももらえず、なぜ借りられないのか、直接的な原因がわからずに非常に苦労しました。
その原因について突き詰め、なくすことができたのはこの担当者の方のおかげです。

中古物件を探していた頃から、仮審査の段階で中々銀行から良い返事が貰えず一度諦めたこともありました。
中古物件で借りられないのであれば、新築はどうだろうと最後の望みにかけたのですが、その時のハウスメーカーにたまたま説明会にいらっしゃっていた、銀行担当者の方のおかげで借りることができたと思います。
なので、業者やローンについて言えば、人で選んだということになります。

銀行選びは金額、手数料、限度額も関係はしてはきますが、我が家については、出会いで選んだのが大きいです。
ただ、あえて人にすすめるのであれば「あらかじめローンについて勉強をしよう!」ということはアドバイスしたいと思います。

住宅ローンの知識を得ることは大事です

いざ借りることになってから、借りられなかったとなってしまうと物凄いショックを受けます。実際に私もそうでした。
そうなってから、なぜ借りられないのか調べに調べました。しばらくネット検索ばかりの日々が続きました。
ですが、一つ一つを確実にしていって、一歩一歩進め、そして結果が今あります。

いくら借りられて、いくら払えるのか。その金額でどんな物件が買えるのかが決まります。
借りられるようになってからも、どのタイミングで本審査をし、決済はどのタイミングなのか、自己資金が足りない場合はつなぎ融資というものが存在し、どのタイミングで借りてどのように返すのか・・・。

常に勉強がついてきます。
今現在はまだ家はできていませんが、土地の決済が終わりました。
家が出来上がる日が楽しみでなりません。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、変動金利、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利、5年固定金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査は早めに行っておきましょう。

また、心配な場合は、複数の銀行で同時に審査を行うことも問題ありません。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【任意売却の基礎知識】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事