【住宅ローン体験談】モデルハウスの売却物件を購入・住宅ローンはみずほ銀行で無理なく返済
こんにちは、管理人のサトウです。

今回はモデルハウスの売却物件を購入し、みずほ銀行で住宅ローンを組まれた方の体験談です。住宅ローンを組む際は、出来る限り頭金を作って余裕のあるローンを組むのが良いそうですね。自分に合った状況で金利を組まれるといいのではないでしょうか。

モデルハウスの売却物件を購入

秋田県在住の54才の男性で、会社員です。
自宅を購入した当時の年齢は50才です。
不動産を買おうと思った理由は、年齢的に転勤はもうなさそうなので、
賃貸の家賃をずっと払うより手頃な範囲で持ち家を持った方が良いと思いました。

家賃75000円で年間で約100万円、定年まで約10年で考えれば約1000万の家賃は馬鹿らしく思うようになりました。
また、定年後は売却して郷里に帰る可能性があるので、あまり高価な住宅は考えていませんでした。

分譲住宅、注文住宅といろいろ見学しながら考えていましたが、
会社からの通勤距離、予算を考えると一長一短で適当な物件が見つかりませんでした。
最終的にモデルハウスの売却物件があり、外観、内装も白亜で気に入りました。
1年くらい売れずに残っていたので、当初の売却価格から下がっており、お得感もありました。

住宅ローンはみずほ銀行

さらに交渉で少し割引、外装の補修を入れてもらうことで契約しました。
銀行で預金残高がいちばん多い、みずほ銀行で住宅ローンをお願いしました。
住宅ローンを選ぶときに気を付けた点や苦労した点は特にありませんが、固定金利か変動金利の説明は聞きました。ここ10年は金利は上がらないだろうと思い変動金利にしました。

ローンを組むとき住宅価格だけでなく、返済期限までの火災保険費用やら手数料な
数十万単位で必要だったと思います。結構、余分にお金が掛かるなと思いました。
全額をローンにする気はないので、預金を崩して残り半分くらいをローンにしました。

銀行側は預金を残して、もっとローンの金額を上げても良さそうな言い方でした。
ボーナス時も加算せず、家賃分が月額ローンになるくらいの返済期間にしました。
金利がここまで下がるならもう少しローン額を増やしておけば良かったかと思いますが月々の支払いに無理は無く、ボーナスを切り崩すこともありません。
貯まれば繰上げ返済しても良いと思っています。

無理なくローン組むことが大切です

人にアドバイスできるとしたら、住宅ローンを組む場合、返済期間が長いのでボーナス無しでも返済できる範囲で組むのが良いと思います。
頭金を貯めるまで我慢するのが肝要です。ボーナス無しのローンなら返済期間の後半にある程度貯蓄できているはずなので繰上げ返済も出来ると思います。
今、ネットでも住宅ローンが借りれるようですがやはり店頭に行って良く話を聞いた方が良いと思います。

分からないこと、注意することなど教えてもらえるはずです。
しかし、銀行も商売なので現在の収入で可能な範囲ギリギリまで貸し付けようとするかも知れません。

仮に返済できなければ抵当権で家を押さえてあるので銀行は損をしません。
今時、大手の会社でも数十年先にどうなるか分からないので、当たり前の話ですが、出来る限り頭金を作って余裕のあるローンを組むのが良いと思います。
(体験談は以上です)


関連記事