都内で一戸建て購入
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は都内で新築の2階建て戸建を購入された方の体験談です。さっそく見ていきましょう。

子どものことを考え、構造のしっかりした2階建てを購入

東京都(23区内)に住む会社員の男性、年齢は50才です。

結婚して、最初に住んだ賃貸物件は、大家さんがとても神経質な方で、非常に住みにくく2年で引っ越しました。

2軒目は住みやすかったのですが、やはり都内で2DKとなると当時13万円くらいで、「毎月13万払っても、自分のものにならないんだよね。更新料もあるしね」という会話を夫婦でしたことがきっかけで、「思い切ってマイホームを買おう」ということになりました。

3軒並んだ建売りで、専門の工務店が施工したということが売りの物件でした。

私の親戚に内装関係と建築関係をしている者がいたので、物件を見てもらったところ、「とてもしっかりした構造で、良いんじゃないか」とアドバイスをもらい、両親とも相談した結果、購入することにいたしました。

また、もうひとつ購入決定要因となったのは、当時では珍しく(今はもっと少ないかもしれません)、2階建てということでした。

両親の意見で「1歳と3歳の小さい子供がいるから、2階建てのほうが生活しやすい」ということで、これに納得し決定しました。

間取りは3LDKで、車庫付で、土地面積は23坪程度です。

金利は変動にし、毎年見直しすることに

ローンはいくつかの銀行や公庫を検討しましたが、給料振込みもしていてマイバンクのような銀行になっていたこともあり、三菱UFJ銀行にしました。

銀行を決めることにはそれほど悩みませんでしたが、金利を固定にするか、変動にするかで悩みました。

現在は低金利ですが、当時は不透明であったため、選択が難しかったことを覚えています。

変動にして、こまめに金利をチェックするのが最善の選択肢ということを銀行の方に言われ、結局、1年の変動にして毎年見直すことにしました。

毎回支給額が変動するボーナスは、あてにしないのが正解

もうひとつ考えたのが期間です。無理をして30年にするか、無理なく35年にするかで悩んだ結果、35年にしました。

なおボーナス月の増額はしませんでした。

なぜならボーナスはあくまでも「臨時」という考え方で、毎月の給料をベースに生活することを基本としたためです。

結果的にこれが良かったと思っています。これまでボーナスの不支給はありませんでしたが、やはり額は変動するため、「当てにしないほうがよかった」と何度か思ったことがあります。

不動産購入に関してアドバイスをするとしたら、できれば工事着工の状況を見たほうが良いと思います。

可能であれば専門家に見てもらうとより良いと思います。柱の太さとか、いろいろあるみたいです。いずれにしろ一生で最大の買い物だと思いますので、焦らずじっくり検討することが大切です。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事