船井郡京丹波町で家や土地を売却できる不動産屋まとめ(一戸建て住宅&マンションの買取り・査定も)

船井郡京丹波町で不動産を売却したい人のために、土地や家・マンション等の買取り・無料査定・売却仲介を行っている不動産業者の一覧を掲載しています。

また、不動産を高く売却するための方法として、不動産業者の選び方なども紹介しています。

船井郡京丹波町で不動産の買取・売却を扱う業者一覧

船井郡京丹波町で不動産の買取・売却を扱う業者はありませんでした。

下記にある、近隣地域の不動産業者を参照してください。

船井郡京丹波町の近隣地域で不動産の買取・売却を扱う業者一覧

船井郡京丹波町の近隣地域で家や土地の買取り・無料査定・売却仲介などに対応した不動産業者の一覧を掲載しています。


京都市伏見区 (2) / 京都市右京区 (32) / 京都市西京区 (20) / 高槻市 (3) / 川西市 (2) / 三田市 (7) / 亀岡市 (13) / 舞鶴市 (4) / 長岡京市 (13) / 八幡市 (1) / 向日市 (9) / 篠山市 (3) / 豊能町 (2)

全域を見たい場合はこちら


船井郡京丹波町の近隣地域で買取り・無料査定・売却仲介などに対応した不動産業者の一覧は以上です。

複数の不動産屋で査定をとることで、あなたの家(一戸建て住宅・マンション・アパートなど)や土地の適正な評価額を知ることができますので、ぜひご活用ください。

一社ずつ査定をするのが手間な場合や、良い業者が見つけられない場合は、一括査定サービスがおすすめです。

一括査定リガイドの公式サイトはこちら


船井郡京丹波町の不動産価格推移

船井郡京丹波町の土地1㎡あたりの価格(公示地価の平均値)の推移をグラフに示します。船井郡京丹波町の不動産価格の相場状況や動向を把握するためにご利用ください。[データ元:国土交通省地価公示・都道府県地価調査


【京丹波町の不動産価格動向について】
京丹波町の不動産価格は、全国平均の不動産価格が上昇局面にあるのに比べると、現在も低空飛行を続けています。ここ10年の最高値と比べると地価は-44%程度になっています。

人口も減少を続けており(総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口より)、高齢化もかなりのスピードで進んでいます。そのため、不動産を購入する年代の人口減少により、今後も地価が上昇しそうな状況にはないようです。(一般的に人口と経済規模や経済活動の活発さは比例する関係にあり、人口の増減と不動産価格の増減も比例しやすくなります。)

土地や家の売却を検討している場合は、早めの売却が損失を広げないために大切となりそうです。

公示地価と実際の不動産価格には違いがありますので、まずは所有する不動産がいくらで売れるのか、正確な査定価格を知ることから始めてみるのがおすすめです。




不動産売却で損しない不動産会社の選び方

評価額を見た結果、実際に売却を検討したいという場合、どうやって不動産屋を選べばよいでしょうか。

ここでは不動産業者の選び方について、3つの簡単なチェックポイントを紹介します。

引越し・転勤・買い替え・相続・任意売却などで、自宅を売却するときの参考としてみてください。

ちなみに、不動産の売却で不動産屋に支払う手数料は、法律で「取引価格の3%+6万円+消費税」と決まっていおり、どこの業者を使っても変わりません。

そのため業者選びで重要なのは、不動産をいかに高く売ってくれるか、信頼して取引できるかの二点になります。

1.不動産の査定額から業者を選別しランキング

まず、複数の業者から査定額をもらった場合、「高すぎる査定額」や「低すぎる査定額」を出してきた会社は選択肢から外します

不動産屋は手数料商売ですから、まずは自分の会社を選んでもらう必要があります。そこで相場よりも高額な査定額を提示して顧客を囲い込もうとする業者がいます。

このような業者は、とりあえず自分の会社を選んでもらえばいいという意図が見えるため信頼することができません。

それに、どんなに高い査定額を出してきても、実際の相場がその査定額よりも低ければ、その業者を選ぶ意味はありません。

また、安すぎる査定額を提示してきた不動産屋は、正しい査定をするだけの情報や能力を持っていないと考えられるため、安心して任せることができません。

これらを考慮して、自分なりに業者をランキングしておきます。

2.ホームページの情報から選別

次に査定額を出してきた会社のホームページを確認してみます。
ここでチェックするポイントは、

 ・ホームページのクオリティは高いか?
 ・専任媒介物件が多いか?

の2点です。

売却実績や仲介実績の多い不動産屋は当然ながら儲かっていますし、情報も多く持っています。結果としてホームページの見た目も良く、取り扱う物件数も多い、クオリティの高い自社サイトになる傾向にあります。

また、専任媒介物件(その会社だけが売買の仲介権利をもつ物件)が多い場合は、その業者を指名して物件を預けている顧客が多くいるということになりますので、比較的信頼できる業者であると考えられます。

評判や口コミなども調べておくとなおよいかと思います。

3.電話対応や個別対応の仕方で選別

最後が電話対応や個別対応の仕方で選別する方法です。

この時点では、査定額やホームページの情報から業者の数が絞られているはずですので、あとは自分が気に入る対応をしてくれるかどうかで決めればよいと思います。

実際に質問や疑問などを相談してみて、気持ちの良い対応をしてくれた不動産屋に依頼すれば、最後まで安心して売買取引を進めることができるかと思います。
 
以上、売却を依頼する不動産会社の選び方でした。

3つのポイントを押さえて、一括査定サービスや不動産業者の一覧から依頼先を選んでみてください。

一括査定サービスはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】