金利比較ランキング&シミュレーション計算

香川県で利用可能なフラット35&長期固定(35年/30年/25年/20年/15年)の住宅ローンを安い順に比較ランキング形式の一覧にまとめています。

また、シミュレーション計算機能により毎月の返済額を簡単に一括比較することができます。

銀行、信用金庫、ろうきん、JAバンク、信用組合まで、香川県で利用可能なほとんどすべての金融機関の金利を比較しています。

最安の住宅ローンを探したい、返済額がどれくらい違うのかを知りたい、という場合にご利用ください。

その他の金利ランキングは下のリンクからどうぞ。

★香川県版 金利比較ランキング★

   
   

【香川県版・フラット35/長期固定(借換)】実質金利・総支払額が安い住宅ローンは?

まずは、金利が安く各種手数料も安いフラット35と長期固定金利プランの紹介です。
金利の変動が不安だ、35年などの全期間固定金利も検討している、病気などのリスクもしっかりカバーしたいという方は参考にしてみてください。


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、35年固定の実質金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(香川県での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


    楽天銀行



    楽天銀行はフラット35の人気ランキングで第1位(価格.com調べ)の銀行で、フラット35の融資を積極的に行っています。

    金利は最低水準で、保証料、繰上返済手数料も無料です。

    借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築などにも利用しやすくなっています。

    35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

    もちろん、香川県での利用も可能です。

    楽天銀行の口座を使うだけで、借入手数料(通常借入額の1.4%)が0.972%となる特典もあります。

    楽天銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

フラット35は、個人事業主や中小企業経営者の方なども比較的利用しやすいローンですので、他行で審査に落ちてしまった、通らなかったという場合には、ぜひ仮審査だけでもやってみることをお勧めします。

また、借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>楽天銀行の公式ページはこちら(フラット35の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(保障の充実した長期固定金利)

【香川県版・借換】フラット35&35年固定金利の比較ランキング&シミュレーション

香川県で利用可能な銀行の住宅ローン金利比較ランキング(借換のフラット35&35年固定)を掲載しています。

地銀からメガバンク、信用金庫、JA、労働金庫まで、あなたの生活圏で利用可能なほとんどの金融機関を比較しています。

毎月の返済額シミュレーションも銀行ごとに表示して一覧で比較できます。

↓↓入力して返済額を比較↓↓

借入額: 万円 
返済年数: 年 
ボーナス時返済額: 万円   
金融機関 35年固定金利
(最安との差分)
毎月の返済額
(最安との差額)
特徴
ARUHI 1.320%
(-%)
フラット35
59,489
0円)
・フラット35シェアNo1(WEBから事前審査で手数料1%)
・繰上返済手数料/保証料無料
・事前審査最短当日
住信SBIネット銀行 1.320%
(-%)
59,489
0円)
・全疾病保障(就業不能12か月で給付)
・ガン給付金(女性のみ)
・保証料/繰上返済手数料が無料
楽天銀行 1.350%
(+0.030%)
フラット35
59,778
(+289円)
・手数料業界最安(借換:0.972%/新規:1.08%)
・ATM利用料/振込手数料/保証料/繰上返済手数料が無料
イオン銀行 1.350%
(+0.030%)
フラット35
59,778
(+289円)
・イオンの買物5%オフ
・団信/保証料/繰上返済手数料/ATM手数料が無料
中国銀行 1.350%
(+0.030%)
フラット35
59,778
(+289円)
百十四銀行 1.350%
(+0.030%)
フラット35
59,778
(+289円)
伊予銀行 1.350%
(+0.030%)
フラット35
59,778
(+289円)
四国銀行 1.350%
(+0.030%)
59,778
(+289円)
香川銀行 1.350%
(+0.030%)
フラット35
59,778
(+289円)
愛媛銀行 1.350%
(+0.030%)
フラット35
59,778
(+289円)
高松信用金庫 1.350%
(+0.030%)
フラット35
59,778
(+289円)
四国労働金庫 1.450%
(+0.130%)
フラット35
60,748
(+1,259円)
ソニー銀行 1.503%
(+0.183%)
61,266
(+1,778円)

(比較表には香川県に支店が3店舗以上あり、フラット35および35年固定金利プランのある金融機関のみ掲載しています。フラット35Sは11年目以降の金利が+0.25%となります。2018年6月現在の最安の優遇金利を掲載していますが、正確性を保証するものではありません。詳しくは各金融機関の公式サイトをご参照ください。返済額計算アプリ機能は概算となりますので、諸費用などは含まれていません。)

フラット35&35年固定金利の比較は以上です。

全期間固定金利の住宅ローンを選ぶ場合、当初金利に目が行きがちですが、住宅ローンを借りる場合には諸費用を含めた総支払額や、病気になったときや、働けなくなった時の保障です。

総支払額が安いく疾病保障や障害補償まで充実しているは「住信SBIネット銀行」となりますので、参考にしてみてください。

>住信SBIネット銀行(8大疾病保障付で金利最安水準)


長期固定は何年が良いの? 20年?30年?

どうせ長期固定で借りるなら、今なら全期間固定の方がおすすめです。15年固定や20年固定と35年固定の実質金利はあまり変わりません

また、20年後に借換を行おうとすると、借換手数料だけで、今の金利差程度の支払いとなるため、20年固定を選ぶよりも全期間固定のフラット35などで借りたほうがお得だからです。

フラット35&長期固定プランのメリット・デメリットと借りるときのポイント

フラット35や長期固定金利のメリット・デメリットは、

・メリット:金利の上昇が無い
・デメリット:変動金利よりも少し金利が高い(+0.5%程度)

という点です。

ただ、デメリットと言っても、バブル時代には金利が8%程度まで上昇していたことを考えると、現在の長期固定金利は1%前後と非常に安くなっていることから、変動ではなく固定を選ぶという人が増えています

フラット35のその他の特徴

フラット35は、個人事業主や中小企業経営者の方なども比較的利用しやすいローンですので、他行で審査に落ちてしまった、通らなかったという場合には、ぜひ仮審査だけでもやってみることをお勧めします。

また、不動産投資などをしていて、通常の住宅ローンを借りにくいという人でも、フラット35であれば借りられる可能性が高いのでチャレンジして見ると良いと思います。

なお、フラット35で手数料が安く人気なのが楽天銀行です。新規でも借換でも利用できますので、参考にしてみてください。
>楽天銀行の公式ページはこちら(フラット35の金利が最安水準)

中古マンション・中古住宅でも利用できるフラット35S

フラット35には、ある基準を満たした場合に利用できる金利優遇制度(10年間0.2%引き)があります。

この金利優遇されたフラット35をフラット35Sと呼びます。

フラット35Sは借換では利用できないのですが、中古マンションや中古住宅の購入には利用できますので、ぜひ金利の安いフラット35Sを利用できるか、販売業者に確認してみましょう。

フラット35Sの適用条件を満たすのに一番簡単な方法は、「お風呂と階段に手摺を付ける」ことです。

これだけで、返済額が数百万円も違ってきますので、ぜひチャレンジしてみてください。

>フラット35の金利・手数料が最安水準(楽天銀行)


【豆知識】金利は上昇するの?

バブル期のように「好景気で金利が上昇」するというような現象は、少子高齢化、人口減少状態にある日本ではあまり考えられません。

もし金利が上昇しないなら、固定金利にするメリットがあまり無いように感じられます。

しかし、実際には金利の上昇する可能性はゼロではありません。金利の上昇は好景気だけで起こる訳では無いからです。

金利の上昇はお金の価値が減少するときに起きます

例えば、「需要増大」や「お金の信用下落」が起こったときです。

需要増大による金利上昇

好景気の時であれば、物やサービスを求める人が増えるため、価格が上昇しますが、これはお金の価値が減少したことと同じです。同じサービスを受けるのに、より多くのお金が必要となるからです。いわゆるインフレというものですね。

通常のインフレは需求バランスによって起こり、これがバブル期の金利上昇の原因です。

お金の信用下落による金利上昇

実はもう一つ、お金の価値が下がるパターンがあります。

それは、受給バランスとは関係なく、お金の価値が先に下がってしまい、相対的に物価が上昇して見えるものです。こちらは、結果的にハイパーインフレとして顕在化します。

10年ほど前になりますがアフリカのジンバブエで、1年間に5000億%のハイパーインフレがありました。

これは、去年まで100円で買えた豆腐が、今日は5億円で売っているという感じのインフレです。

お金の価値は、国の信用力(経済力、政治力、軍事力などで決まる)で担保されているのですが、ジンバブエではそのどれもが崩壊状態でした。そして、国が発行するお金の信用力がほぼゼロになり、誰も価値を信用しなくなったのです。

日本の場合、国の借金(国債)が大きく、国の経済バランスが崩れていますので、ジンバブエほどでは無いかもしれないのですが、ハイパーインフレになる可能性というのは、絶対に無いとは言えない状況となっています。

国の借金を減らすために通貨の価値を引き下げる政策(デフォルト)がとられる可能性も、少なくはないと言われています。(実際、日本では1946年に実施されています。)

もし、ハイパーインフレやデフォルトが起こると、金利が大きく上昇して住宅ローンを返済できなくなってしまいます。

半年後の金利も読めないというのが現状ですので、そういった心配をしたくない場合は、全期間固定などの長期固定ローンで住宅資金を準備するのがおすすめです。

ハイパーインフレが起こらないとしても、金利が3%、4%になることは普通にありますので、長期固定金利が安いのであれば、かなりお得に住宅ローンを組むことが出来るかと思います。

>楽天銀行の公式ページはこちら(フラット35の金利が最安水準)

★香川県版 金利比較ランキング★

   
   

Fatal error: Cannot redeclare bench() (previously declared in /home/bouz/fudosanbaibai.net/public_html/wp-content/themes/keni70_wp_corp_blue_201607190231/includes/ranking_page_loan.php:1756) in /home/bouz/fudosanbaibai.net/public_html/wp-content/themes/keni70_wp_corp_blue_201607190231/includes/ranking_page_loan.php on line 1756