17643249_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は一戸建て住宅を住宅ローンを組んで購入した方の体験談です。ご主人の職業が良かったため、特に苦労せずに審査も通過したそうです。

やっぱり住むなら一軒家!

私は神奈川県に住む33歳の専業主婦です。マイホームを購入すると決めてローン審査を受けたのは29歳の終わり(家を購入したのは30歳になったばかり)の頃です。

元々旦那も私もずっと一軒家が欲しいと思っていまいた。小さい頃から一軒家にしか住んだことがなかったので、一軒家を買って落ち着きたいという気持ちがありました。

また、購入した家は、買ってそれで終わりというわけではなく、将来的には不動産投資にも利用できるものとして買おうと思っていました。

購入した物件は、一軒家です。先述した通り、私達夫婦は小さい頃から一軒家に住んでいて、恋人時代にマンションに住んだことはありますが、それに居心地がよいと思ったことはなかったので、ずっと一軒家を探していました。

その結果、お互いに「これはいい!」と思って意見が一致した一軒家が、今ある我が家です。

メインバンクを使って住宅ローン審査もスムーズに通過

住宅ローンを利用する際には、私達のメインバンクであった東京UFJ銀行を使いました。

メインバンクだったので、スムーズに住宅ローンの審査は通りました。

お互いに東京UFJ銀行だったので、口座にどれだけの貯金が入っていて、どれだけの給与がそこに毎月入ってくるのかというのが分かるため、銀行からも信頼が得られたのかと思います。

また、こちらとしても、いつも利用している銀行ですし、世界的なメガバンクとしても知られている銀行ですから、ここで借りられれば良いなと思っていました。

住宅ローンを選ぶ時は金利が重要

住宅ローンを選ぶ際に気を付けた点は、これは皆さん気にしている事かと思いますが、ローンの利率(借り入れ金利)です。
これが高ければ高いほどローン地獄に陥りやすいわけですから、これからの生活を考えて、高い利率ではその後の生活にも支障をきたすかも知れません。そのため、なるべく金利の低い銀行を選びました。

住宅ローンを組むときに苦労した点は旦那の職業のお陰かもしれませんが、特にありませんでした。もし、過去に金融機関からお金を借りた事がある方や、まだ、それを返し終えていないという方は注意が必要かもしれません。

家はインスピレーションだけでは決めるな

また、家を購入するにあたって色々と注意点もあります。それは、ただその家が良いと思って決めるのは良くありません。もちろんインスピレーションというのも大事なのですが、その家を売っている会社がどんな会社でどんな実績があるというのかも調べましょう。

そして、家というのは人生で1番高い買い物と言われていますから、見た目だけではなく使い勝手や立地などにもこだわって選ぶようにしましょう。

住宅購入体験談まとめ

今回はメインバンクを使ってスムーズに自宅を購入した方の事例でした。インスピレーションだけでなく、実際の使い勝手や生活環境までしっかりと考えたうえで購入したほうが良いというアドバイスが参考になりました。

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    また、期間限定で最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事