10141965_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は住宅ローンの審査が通るかどうか不安だったものの、信用金庫の住宅ローンを利用することで無事に自宅を購入出来た方の体験談です。

子供を育てるならやっぱり一戸建てが一番です

私は大阪府に住む36歳(男性)のITエンジニアです。
私が不動産を買おうと思った理由は、子供が大きくなってきたことがきっかけでした。結婚した当初は、賃貸マンションで暮らしておりました。駅から徒歩5分ということもあり、当時の私は、マイホームを購入して住まいを変えることには、あまりこだわりはありませんでした。

しかし一人目の子供が1歳半を過ぎたころから、活発に走り回るようになり、階下の住民の方から苦情が出るようになりました。また、妻は当初、分譲マンションも視野に入れておりましたが、子供が自由に動き回れる戸建て住宅を希望するようになり、私も妻に背中を押される形でマイホームを探すことになりました。

最終的には、当初の希望通り、戸建てを購入しました。

予算オーバーであきらめかけたときに出会えた物件

最初は全国区のハウスメーカーで注文住宅を購入することを考え、住宅展示場にも足を運びました。ですが、やはり大阪府内で注文住宅を建てるには、私たちが工面できる予算をオーバーしていましたので、諦めざるを得ませんでした。

新聞の折り込み広告を見ていたとき、ちょうど私たちが「このあたりに住みたい」と希望していた場所で、地元密着のハウスメーカーが建築条件付き土地を販売していました。

たった1区画でしたので、妻はすぐさまハウスメーカーに電話しました。条件付きではあるものの、間取りやキッチンのメーカー、壁紙など自分たちで自由に決めてよい、ということでしたので、元々注文住宅を希望していた私たちにとってみると、願ったり叶ったりの物件でした。

ローン審査が問題でした

大阪シティ信用金庫で住宅ローンを組みました。住宅ローンを選ぶときに苦労した点は審査です。現在もそうですが、超低金利時代が続いていますので、変動金利を選ぶことに何の疑問もありませんでしたが、問題は審査です。

当時私はローン会社からの借金が50万程あり、この負債が審査にどのような影響を及ぼすかは未知数でした。ただネットの情報を見るに、信用金庫の審査が一番緩い、という情報がありましたので、地元の信用金庫にローンを依頼することになりました。

その信用金庫は、家を買ったハウスメーカーが推奨する金融機関であったためもあるかもしれませんが、審査は特に問題なく通りました。もし、審査に多少なりとも不安があるのでしたら、審査の通りやすい地元の信用金庫を積極的に活用することをお勧めします。

自宅購入体験談まとめ

今回は信用金庫の住宅ローンを使った住宅購入体験談でした。住宅ローンの借りやすさ、審査の通りやすさは、都市銀行<地方銀行<労働金庫<信用金庫という順番になっているようです。
信用金庫だから必ず借りれるというわけではないですが、大きな借り入れが他にある場合でも、比較的審査も通りやすいのは事実のようですので、審査に不安のある方は利用してみるのがよいかと思います。


関連記事