【リフォーム体験談】築年数30年の一戸建てを購入しリフォームしました
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は中古物件を購入しリフォームされた方の体験談です。予算内のリフォームは、優先順位を付けてどの部分が必要なのか見極めることが大切です。あとから工事ができる所はリフォーム箇所からはずしておくこともポイントですね。

築年数30年の一戸建てを購入しリフォームしました

私は、大分県中津市在住の40代主婦です。

築年数30年の一戸建てを購入しリフォームしました。
間取りは昔ながらの4DKを3LDKにしました。

新築物件を買うには予算が足りませんし、住宅展示場にも何度も足を運びましたが自分たちの好みのものがなかったので、それならば予算の範囲内で好みのものが出来そうな工務店さんにと思いお願いしました。

台所とリビングを合体させたリビングダイニングに変えてもらいました。
キッチンは古いので入れ替えました。
お風呂とトイレも入れ替えをしました。
リフォーム業者は地元の工務店さんで自然素材、天然素材を扱う所にお願いしました。

無垢材のフローリングにはこだわりました。
梅雨時などに足がベタベタするのはとても不愉快でしたので素足で気持ち良く過ごしたかったからです。

地元の工務店に依頼し、予算内でリフォームしました

他の大手の業者ではオプションになり値段が高くなりますが天然素材を中心に扱うところだったので特別高くはなりませんでした。

リフォーム時に気をつけたポイントは今の時代の流れに流されず本当に必要な施工かどうかを見極めることです。

食洗機を入れるのか、太陽光がいるか、オール電化か、ガスも入れるのか、トイレの蓋が自動的に開く機能はいるのか、カウンターキッチンは本当に便利なのか、浴室乾燥機は必要か、なとなど見極めるポイントは沢山ありました。

予算の範囲内でできるだけ妥協しないで満足いくように家族でよく話し合いました。
結果カウンターキッチンは取りやめました。

今の流行りはカウンターキッチンなのでしょうがカウンターキッチンにすることでどうしても面積が取られてしまいます。

壁沿いのキッチンにし、大きなダイニングテーブルにした方が食事も運びやすいですし、リビングを広く使えることが分かりそうしました。
施工業者さんとも信頼関係を築けていたので親身になって相談に乗ってもらいました。

今度はインテリアと内装をリフォームしたいです

はっきりと予算を告げていたのでここまでは出来ないというラインをはっきりと見せることで妥協案なども提示してもらえるので良かったと思います。

私たちの場合は頭金をあまり出せなかったので、できるだけ多く頭金を貯めてからリフォームを決めた方が良かったなあと思います。

インテリアや内装を諦めるとやはりそれなりになってしまいます。
統一感をもった家にしたいのならばインテリアまでこだわりたかったです。

私たちはそこは少しずつやっていくつもりですが、これからリフォームを考えている方は是非頭金を沢山用意して余裕を持ってインテリアまで考えられると満足いくものにできると思います。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】