10366335_l
こんにちは管理人のサトウです。今回は新築購入した物件が欠陥住宅だったというお話です。

結婚を機に買ったマイホームが欠陥住宅でした

私は48歳男性でサラリーマンをしています。
購入したのは千葉県の物件です。30代前半のときに、結婚を機に新築の一戸建てを購入しました。
妻と二人で、新築の匂いがする新居で、幸せな生活をはじめたのですが、1年もすると不具合がでてきたのです。

大雨で壁から水が染み出してきました

最初に気がついたのは妻なのですが、1階部屋の窓枠の木の部分に水の染みがあったのです。最初はあまり気にもせず、放っておいたのですが、雨が降ると、その染みが大きくなっていました。「新築で購入したのだから、まさか雨漏りなんてしないだろう、窓をきちんと閉めていなかったんじゃないか?」と妻に言って、しばらく様子を見ていました。

ある日、大雨が降ったとき、窓枠を見てみると、すでに染みどころではなく、水が流れていたのです。もちろん窓はしっかり閉まっています。そして、ふと天井を見ると、なんと天井の一部が水で濡れていたのです。そして今にも水が滴りそうになっていました。これはおかしいと思い、すぐに建築業者に連絡しました。

1回目の業者の対応

業者がきて、本格的に調査が始まりました。1階の部屋の天井をはずして、内部を肉眼で確認してところ、異常は見当たらないと言われました。念のため防水用の処置をして、そのまま帰っていきました。そして様子を見ることになりましたが、しばらくして大雨が降ったときに、同じ現象が起きたのです。私は証拠の写真をとって、業者に連絡しました。

2回目の業者の対応

その後も、業者は調査をしていましたが、原因がわからないの一点張りだったので、私は証拠の写真を見せて、「新築で購入したのに雨漏りなんて、品質が低すぎる! いまどき雨漏りなんて聞いたことがない!」と強い口調で抗議しました。交渉の結果、水の進入ルートがわからないため、家全体の壁を塗り直すことになりました。

家全体に足場を組んで、壁の塗り替え工事がはじまりました。このとき、ひとつだけ良いことがあり、壁の色を選べることができました。これまで薄暗いグレーだったので、暖かいベージュの色にしてもらいました。

壁の塗替えで水の染み出しがなくなりました

壁の塗り替えが終わり、家の概観は一気に明るくなりました。それはさておき、水が漏れていないか確認作業がはじまりました。大雨と同じ状況を再現するために、水道水を2時間ずっと家にかけ続けていました。水道料金はこちら持ちだったのは不満でしたが、その結果、水は染みだしてきませんでした。
その後も、大雨が降っても、水が染みだしてくることはありませんでした。完全に修復されました。

保証期間で全て無料でした

今回の対応は保証期間だったので全て無償でしたが、後で業者に聞いたところコストは100万円くらいかかったそうです。
人が作っている限り、欠陥住宅を完全に防ぐことはできないし、まして家を購入するときに、素人に欠陥を見抜くことはできないので、おかしいなと思ったら、すぐに業者に連絡して、自分が納得いくまで、最後まで諦めずに業者と交渉することが重要だと思いました。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【任意売却の基礎知識】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事